2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« スタインウェイの価格 | トップページ | メモリーの割り当て変更をして状況悪化 »

2013/07/10

Alesis QCardを3枚入手

AlesisのQCardを3枚入手した。

・Stereo Jazz Piano
・Vintage Keyboards
・Vintage Synthesizers

である。QSRに入れて音を少し聴いてみた。QSRのプリセットはリバーブが深過ぎてエディット必須な感じのものが多いが、Stereo Jazz Pianoとかは、それとは印象が違う。比較的、すぐ使えるプリセットな感じである。ある意味まともなのかもしれない。でも、定位の不思議さがやっぱりAlesisで、ユニークな音だと思う。

ほんと、ちょっと弾いただけなんで、印象を書けるほどではないのだ。

オークションで競り合ったので費用はだいぶかかった。新品なみである。それでも、QSRはクロック入力がある点が貴重なので、増強できる時には、しておきたかった。

このごろは、機材を買う時に、「それはメインセットに割り込めるのか?」を問い、割り込めないものは買わないように心がけている。QSRはメインセットの一員なんだよね。今のところ。

現在のメインセットは以下の通り。

カワイMP9500
ヤマハEX5、MOTIF_RACK ES(PLG150-DX、同PF含む)、MU1000(同AN含む)
コルグTRITON STUDIO 61(EXB-MOSS、EXB-PCM含む)
ローランドSD-90、MKS-20
アカイS6000
Clavia nord rack 3
Young Chang K2000RJ
E-MU Proteus 2000(ZR、Holy Grail、Vintage ProのROM含む)
Alesis QSR(QCard含む)

なかなか、私としては、これに割り込むものを探すのは難しい。

MP9500は、マスターキーボードとしてかなりいけてるし、1番ピアノはベストに近い。EX5は、自分が作った音が捨てがたい。TRITON STUDIOは、あまり使えていないのだが、入力4チャンネル分をADATに載せられる点だけでもはずせない。MOTIF-RACK ESは1番ピアノが使いやすいし、DXボードのホストとしてもはずせない。MU1000は、ANのホストであるだけでなく、MKS-20のエフェクターでもある。SD-90は、ミキサーとしての魅力がある(MKS-20、MU1000、Proteus 2000はSD-90経由でパソコン側に送っている)。MKS-20は、なんというか、そこにある安心感ですよね。S6000は、MP9500の上に置かれていて、操作しやすい。nord rack 3のエフェクターとしても捨てがたい。nord rack 3は、意気のいい音が捨てがたい。K2000RJは、ところどころ、捨てがたい音があると思う。Proteus 2000は、なんか、時々使いたくなる。QSRは、クロックの同期が可能なのがいい。音も、他にはないものだ。

シンセゆっくり弾きたいなー。

H2

« スタインウェイの価格 | トップページ | メモリーの割り当て変更をして状況悪化 »

Alesis」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Alesis QCardを3枚入手:

« スタインウェイの価格 | トップページ | メモリーの割り当て変更をして状況悪化 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ