2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« メインセットにA-Station、VX600は画面不良 | トップページ | EX5からMU1000へ »

2014/10/13

E5000 UltraとA4000

AKAI Z4が壊れて配置変更を考え、あれを買おうかこれを買おうかと思ったのだが、結局なにも買わず、配置変更を行った。けっこう手間がかかった。

●ピアノセット
MP9500、EX5、TRITON STUDIO、nord electro rack 2(ProR3)、S6000、A-STATION、MKS-20、XM-2、K2000RJ、MOTIF-RACK、同ES、Proteus 2000、SG-Rack

●DTMセット
SD-90、SC-88STpro、MU1000、TR-Rack

●コンピュータセット
nord wave、nord rack 3、nord rack、Proteus Orchestra、Vintage Pro(そのROMはささっていないが)、A4000、E5000 Ultra、Virus TI Desktop

●その他
minimoog

合計26台

今回の目玉は、A4000とE5000 Ultraが復帰したことだ。Z8がなくなり、サンプラーはS6000があるから十分か、とも思ったのだが、なんか悲しく、別メーカーのものを復帰させた。A4000のCD-ROMはA4000でないと読めない。EMUのCDはS6000でも読めるが、まったく同じというわけではないので、オーディションをする際は、やはりEMUのハードで行うのが望ましい。

E5000は32MBだったのだが、それだと、Ultimate PianoというCD-ROMのピアノがスムーズに読み込めない。そこで、S6000から64MB SIMM2本をはずし、E5000に入れた。E5000に入っていたものをS6000に移し、S6000は168MBとした。

E5000がすごいと思うのは、ロードが速いことだ。ピアノの音色をいくつか集めて100MB程度のセットを作ってみたが、なんか、するするっと読み込む。実際に時間を測定したわけではないが、S6000よりスムーズな気がする。画面の見易さ、ボタンのカチっとした反応も好印象。

E5000で今いちだと思うのは、cc7が音量に割り当てられておらず、コードで設定しなければならないこと。でも、ピアノの場合はペダルで音量の調整ができなくてもそんなに気にはならない。エフェクトは、外部でかけた方がマシか、と思っているので、その点でもエディットは必要ない。

A4000がすごいと思うのはエフェクトだ。3系統を自由に組み合わせられる。質もよい。サンプラーに内蔵されているものの中では一番ではないかと思う。外部入力をエフェクトに送ってエフェクターとして使うこともできる。今回は、これを主目的としている。とはいうものの、エフェクターとして使うには、そのプログラムを作らねばならず、やっぱり、ロードは必要になる。そんなわけで、純正ライブラリーの中からピアノも2個ピックアップしている。

一つは「Close 4.2M」と名付けられたもので、ステレオで4.2MBというものだ。もう一つはCF3でこれは10数MBなのかな。容量は大したことはないが、でも、かなりいい。ヤマハを強打した時の「チュイーン」が品よく出てくる。EMUでもヤマハでもそうだが、ピアノのサンプルの良しあしは、容量では決まらない。

A4000の今いちなところは、ディスクがFATでないところだ。まあそもそもうちのA4000にはHDDがないのだが、あったとしても、かなり容量の制限がきつい。今は外部MOで運用しているが、これだとロードが遅い(当たり前だが)。正直、A5000の出物があったら買ってしまうかもしれない。

A4000のインにはレギュラーではnord rack 3をつないであるが、別のものも少ない手間でつなげるように考えてみた。VX90とかMicrowave2とかである。Microwave2は、ヘッドホン端子がないし、ライン出力の先が何かによって音がひどく悪化する扱いにくいやつなのだが、A4000はしっかり受けてくれる。ちょっとしたリバーブをかけておくだけで、音色が輝くから嬉しい。そりゃPCM90やSPX2000には負けるが、それでも、A4000のリバーブはなかなかのもんだと思う。

シンセを触っているのが、心休まるひとときだ。

H2

« メインセットにA-Station、VX600は画面不良 | トップページ | EX5からMU1000へ »

Yamaha」カテゴリの記事

E-mu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E5000 UltraとA4000:

« メインセットにA-Station、VX600は画面不良 | トップページ | EX5からMU1000へ »

「シンセな日々」検索







ウェブページ