2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« EXB-M256購入 | トップページ | EXB-RADIAS購入 »

2014/11/10

nord rack 2xとVirus Classicを加えた「赤い壁」

オークションでnord rack 2xとVirus Classicを買った。どちらも約5万円。

nord rack 2xは、水晶やガラスを思わせるクリアで硬質な音だった。nord rackの初代、nord rack 3と並べてラックに入れたが、音はかなり違う。初代は比較的あたたかい音で、3は輝く音。これは面白いわ、という感じである。初代と2xは「Virtual Analog」と書かれていて、3とWaveはそうではない。パラメータも微妙に違い、楽しい。

Virus Classicはうまく動かない。パネル上のボタンの多くが動作せず、LEDが点灯しない。何が悪いのかわからず、OSのアップデートをしてみたが、治らない。Midi Questで遠隔制御したら、それは問題なく動くように思われる。いろいろやってみて、今のところ、遠隔制御で使ってみようかと思っている。座った状態でつまみに手が届く位置に、すべてを置けるわけではないのであった。

Virus Classicの音自体は、かなり素敵だ。TIよりはっきりした音に思う。エフェクトが違うのかな。

そんなわけで、パソコン隣のラックには、nord rack 2x、3、初代、Virus Classicが縦方向に積まれている。それらを制御するキーボードはnord waveで、「赤い壁」の様相を呈している。

nord waveは、ヤマハのFC7を接続でき、それを音量に割り当てると、音色を変えても音量設定がキープされる。鍵盤にはアフタータッチがある。nord leadは初代、2、3、4、A1があるけれども、上記の用件を満たすものはない。そんなわけで、leadが安く売られていても目をつむり、rackを買おうと思ってきたのであった。

rack初代、3、2xのどれも、音色を変えるとボリューム設定はリセットされるようだ。Virus Classicはキープされる。これは、音源によって様々で、中には、設定できるものもある。私にとっては、ライブで使うんだと、音量またはエクスプレッションをキープしてくれるものが使いやすい。でも、今はライブをすることがないので、まあ、どっちでもいいかな、と思う。TRITONやM3は、音色を変えるとリセットされると思うけれど、その代わりにトータルボリュームをペダルに割り当てられる。これはまあ、いいと言えばよいし、そうでないとも言える。

ペダルで音量を制御すると、ギザギザが出る音源もある。出ない音源もある。シンセはどれも同じように見えても、いろいろと違う。

H2

Clavia Nord関連記事

« EXB-M256購入 | トップページ | EXB-RADIAS購入 »

Clavia Nord」カテゴリの記事

Access Music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: nord rack 2xとVirus Classicを加えた「赤い壁」:

« EXB-M256購入 | トップページ | EXB-RADIAS購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ