2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« メインセットにTG77を追加 | トップページ | KORG KRONOS復活 »

2014/11/17

TR-RackをはずしてQSRを設置

メインセット(ピアノセット)のTR-Rackをはずし、QSRを入れた。TR-Rackはすばらしくいい音のするシンセだけれど、ピアノの音がどこにあるのかわからない。カテゴリーサーチを使えばよいのだけれど、今回設置した場所は天井に近く、椅子に登らないと届かない。あと、起動時にコンビネーションになってしまい、手作業でプログラムに変えるのが面倒であった。場所が場所だけに、ボタンひと押しが面倒なのだ。コンビネーションを作ればいいのだが、それも面倒。そんなわけでQSRに替えてみた。

QSRも扱いやすいとは言えない。ccで音色を変えられない。プリセットプログラムはほとんどの場合リバーブがかかり過ぎで、それをccですぱっと切れればいいのだが、そうなっていない。ccでカットオフを変えることもできない。

Sound Questでプログラムを作ることにして、とりあえず、標準装備のピアノ音と、Jazz Pianoカードのピアノ音のプログラムを用意した。ccでカットオフとリバーブを調整できるようにしてみた。カットオフはいやらしい作りで、ゼロが起点で、上か下のどちらかにしか動かせない。その分カットオフを下げておけばいいのだけれど、ほとんど下げる余地がなかったりする。ccの64を起点にしてくれれば使いやすかったのに。

QSRはAlesisがADATで大儲けした後にシンセ製造に進出した際に作ったQuadraSynthのラック版である。おそらく、お金を出して新規録音した音なのだろう。他社の音とは違う個性的なサンプルだ。シャリシャリシャカシャカしているというか、不思議な感じ。

メインセットでは、とにかくピアノ音を集めてみた。多過ぎて何がなんだかわからない面もあるのだが、一つひとつが違うことはわかる。

H2

« メインセットにTG77を追加 | トップページ | KORG KRONOS復活 »

Korg」カテゴリの記事

Alesis」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TR-RackをはずしてQSRを設置:

« メインセットにTG77を追加 | トップページ | KORG KRONOS復活 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ