2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Alesis QCard Stereo Classical Piano購入 | トップページ | 307月 »

2015/02/06

Modern Song WriterとRolandの60s70sKeyboards2を購入

オークションでサンプリングCDを2枚仕入れた。ローランドのCDはオークションで出ることが少なく、今回6枚くらい出たのかな、ことごとく競り負けて、1枚だけ、開始価格3000円で落札できた。悔しかったので、3980円即決だったModern Song Writerを落とした。

Modern Song WriterはSynthManiaにページがあって、それがよくて、買ってみた。ピアノなどを少し弾いてみただけだが、なかなかによい。1番ピアノはヤマハのC7らしく(名前がそれっぽい。記憶違いであったらすみません)、海外ではヤマハの評価高いよなーと思う。もちろん、私もヤマハのピアノは嫌いではない。MKS20のサンプルも、けっこういけてた。MKS20壊れたら、サンプルを使うのかもしれない。なんというか、オーソドックスな音色がいいCDだ。

ローランドの落札できたCDは60s、70sにキーボードのVol.2というもの。S6000で読もうとしたら、マルチ(パフォーマンス)とプログラム(パッチ)しか見えない。フォルダーをロードするとサンプルが入ってこないので音が出ない。CDXtractで変換して入れてみたが、音がおかしい。ノイズが出たり、音程が変わってしまったりする。Awaveで試しても同様。Awaveで変換してM3に入れてみたりしたが、どうもうまくない。

あれこれやっているうちに、S6000で、1プログラムを指定すれば読み込めることがわかった。でもノイズの問題は相変わらず。いくつか読み込んでみたら、問題のないものと、あるものがあることが判明。問題が出たものはあきらめ、問題がなさそうなものだけS6000のHDDに入れてみることにした。

そうしたら、意外といいのよね。ローズとピアネットしかまだ試してないけれど、90年代のローランドの良い音のリッチなやつ、という風情。当時録音した人が、うまかったのではないかと思う。S6000は音がきれいというよりは太る感じなのだけど、なんか、相性もよさそう。

S6000を久々に触ったが、けっこう素敵。PS/2キーボードを接続していて、フォルダーを作ったりするのが楽。画面が大きいのも助かる。ひまなセーブ中に弾けるのも素敵。エフェクトも、音色によってはよく効く。捨てがたいと感じた。

これまでCDXtractやak.sysを2005年に買ったノートパソコンInspiron 700mで動かしてきたのだが、まったく起動しなくなった。がーん。でも、別途Windows XPのデスクトップを用意してCDXtract等を入れておいたものがあり、そちらが役に立った。

サンプリングCD、かなりの数があって、一度も音を聴いたことがないものもかなりある。老後の楽しみか。

H2

« Alesis QCard Stereo Classical Piano購入 | トップページ | 307月 »

サンプリングCD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Modern Song WriterとRolandの60s70sKeyboards2を購入:

« Alesis QCard Stereo Classical Piano購入 | トップページ | 307月 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ