2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« 河合楽器製作所とオンキヨーが資本業務提携 | トップページ | 950ADVバッテリー上がり »

2015/11/17

KORG MR-2000S購入

KORGの1ビットレコーダーMR-2000Sを買った。オークションで4万1000円送料込み。4万円スタートで、少し競って落とした。銀色パネル、80GB HDD内蔵のタイプである。

接続しようとしてちょっと驚いたのは、デジタル入力を1ビットで録音できないこと。1ビット録音したものの再生をデジタル出力に出すこともできない。Firefaceのデジタル出力を入れて録音しようかと思っていたが、そんなことはできないのだった。ん、まあそんなもんかもしれんが、DA-3000もそういう仕様なのかなあ?

とりあえず、これまでMR-1がつながっていたところにMR-2000Sを入れた。アンバランスアナログ接続。そいでもってFirefaceのバランス出力をMR-2000Sに入れた。アナログでつなぐのであればそこにMDX-2000を入れたいように思うが、当面はこれでよし。

バージョンを1.6.8に上げ、HDDをフォーマットし、Miles DavisのSomeday My Prince Will Comeを聴いている。最初に聴くのはこれと決めていた。

何がうれしいって、このレベルメーターですな。

AVアンプにはレベルメーターがない。このところ、メインコンソールというものもない(強いていうならFireface 800だ)。そんなわけで、MR-2000Sのまぶしいメーターがうれしい。オフにできるのでやってみたが、やっぱりあった方がいい。輝度の調整ができればよかったのにね(贅沢)。

MR-1はロータリーエンコーダーの感触があまりよくなく、イライラすることがあった。ディスプレイも見やすいとはいいがたい。それに比べると、MR-2000Sは操作がしやすい。値段だけのことはあるなー、と思う。

音楽を聴く人も、作る人も、楽しめる機材だと思う。録音をまじめにやるようになったら、買い増しを検討するかも。外して持っていくの面倒だし。マルチ録音もできるんだよねー。

H2


« 河合楽器製作所とオンキヨーが資本業務提携 | トップページ | 950ADVバッテリー上がり »

Korg」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KORG MR-2000S購入:

« 河合楽器製作所とオンキヨーが資本業務提携 | トップページ | 950ADVバッテリー上がり »

「シンセな日々」検索







ウェブページ