2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

« 「猫村いろは」購入 | トップページ | 渡辺貞夫「HOW'S EVERYTHING」(SACD)購入 »

2015/12/27

「猫村いろは」打ち込み

CD-ROMに音楽がほしいなと思ってVocaloid「猫村いろは」を買い、サビだけのクリップを作ってみた。30秒弱。最初にボーカルを作り、Wav化してSonarにはめて、S6000でドラムとベースを作り(S5000/6000用純正CD-ROM)、TR-Rackのギターを加えた。3ピース(Dr、Gt、Bass)のイメージ。エフェクトは、ボーカルにPCM90のプレートを加えた。TR-Rackのギターはプリセットのコンビネーションまんまで手を加えなかった。S6000の音は、リバーブを取り、ベースに少しディストーションをかけた程度。

Sonarに波形を入れたのはボーカルだけ。あとはMIDIデータで管理。Firefaceのミキサーでバランスを取った。あ、パンを使うのを忘れた。

終段は、dbx QUANTUMのコンプとイコライザーをブロードバンドでかけてMR-2000Sに96kHz24ビットで録音。オールデジタル接続。パソコンに入れて44kHz16ビットにし、プラグインのイコライザーで中域を削ってちょっとすっきりさせた。

明日の打ち合わせに持っていきたかったので急いで作った。音を探すと時間がかかるので、なるべく探さず、「これでいいや」で作ってみた。

ボーカロイドは初期に比べるとかなり発音がはっきりしてきたけど、でもやっぱり、歌詞が聞き取れないところはある。私の打ち込みのテクが不足しているのも、まあそうだろう。

打ち込み始めは、「し」が「スィ」になってしまって困ったが、これは、「s i」を「S i」に編集して改善できた。いろいろテクニックがあるものですね。

今回は音源からマスターレコーダーまでフルデジタル。ノイズを気にしないでいいのは楽だ。バンドイメージの打ち込みなんて、ほんと、久々にやった。

(歌詞)
あなたをプログラムして
思い通りに動かしたいの
いつも一緒に
言うこときいて
私のために尽くすの

繰り返しと条件分岐
どんな場合もすぐに反応
私のミスでドキドキしても
それもプログラムの楽しみ

H2

« 「猫村いろは」購入 | トップページ | 渡辺貞夫「HOW'S EVERYTHING」(SACD)購入 »

Vocaloid」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「猫村いろは」打ち込み:

« 「猫村いろは」購入 | トップページ | 渡辺貞夫「HOW'S EVERYTHING」(SACD)購入 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ