2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« Akai Z4到着 | トップページ | Auratone 5CとNS-10Mに回帰 »

2016/11/22

Philips BDM4350UC/11購入

Philipsの43型ワイド液晶ディスプレイ (4K対応/IPSパネル/5年間フル保証) BDM4350UC/11を買った。7万4000円。

組み立てようとして、スタンドのネジが1本入らなかった。精度が甘い。片側はネジ1本で済ませているが、壊れるかなあ…。

Middle AtlanticのデスクMDVDSKに、43型を置き、その左にこれまで使ってきたデルの24型ディスプレイUP2414Qを縦にして置いた。43型はDisplayPort接続(60Hz)、24型はHDMI接続(30Hz)。4Kの2ディスプレイとなった。メインで使うのは43型で、24型は、一時的な置き場といった感じだろうか。

何を改善したかったかというと、UP2414Qを使っていると、画面を150%程度に拡大しなくてはならず、拡大が効かないアプリケーションソフトは拡大鏡を要する、というのが問題だった。43型なら100%表示で使えるので、問題がないだろうと考えた。

画面が大きく、上端部を見るのがつらいので、テキストエディタやWebブラウザも、下半分に配置して使っている。上方は、アプリケーションのアイコンを集めたウィンドウ、タスクマネージャーなどを置いたり、PIP(Picture In Picture)でAVアンプからの画面を出したりしている。なかなかいい。

MDVDSKの上段がディスプレイで埋まり、スピーカーを置く場所がなくなって、いろいろ変更している。NS-M125のスタンドがあったので、それをフロントLRにし、センターもNS-M125だが、置く場所がない。ディスプレイ裏に置く、机の下に置く、というのを試してみているが、どうもしっくりこない。ということで、小型のセンタースピーカーを注文してみた。

NS-10Mが懐かしくなって、スピーカースタンドを買うかどうかも検討中。トールボーイのスピーカーも検討したが、スタンドの方がいいかなあ、と傾き中。なんか、最後はNS-10Mに戻すような気もして。だったらスタンドが役に立つ。

でもしばらくは、NS-M125に耳を慣らしてみようかと思う。

ディスプレイに合わせて、部屋の模様替えを大きくしてみた。現在、使える状態にあるキーボードはMP9500のみ。

H2


« Akai Z4到着 | トップページ | Auratone 5CとNS-10Mに回帰 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Philips BDM4350UC/11購入:

« Akai Z4到着 | トップページ | Auratone 5CとNS-10Mに回帰 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ