2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« スピーカーの自動音場補正をする | トップページ | Roland SDE-330購入 »

2017/10/17

Pioneer TORAIZ AS-1を購入

20171017c_pioneertoraizas1

パイオニアの「TORAIZ AS-1」を購入した。4万500円(送料含む)。オークションでは、「人と争ってまで買うほどのものか?」と自分に問うことにしていて、だれかが入札すると引き下がることがけっこうある。でも、同じようなことを考えている人が他にもいるようで、後追いかつ様子見で入札して、入札数「2」で落札してしまうことも時々ある。このAS-1がそうだったし、Alesis Fusion 6HDもそうだった。まあ、いろいろある。

AS-1はDave Smith Instruments(DSI)のProphet-6の1ボイス分を抜き出したモジュールだ。Prophet '08の1ボイスを抜き出したMophoを彷彿とさせるが、Mophoより一回り大きい。そのため、初めて見て「でかい」と思ってしまった。鍵盤があるからかもしれぬ。なんと、マレーシア製。

AS-1 Sound Editorのプロ版も購入した。39米ドル。無料版で様子を見るという手もあったが、面倒になって買ってしまった。毒食わば皿までということわざもある。ファクトリー音色一覧を表示した様子がこれ。

20171017d_toraizas1soundeditor

ファクトリー音色の一番最初のものを弾いてみたのがこれ。

F1-P01 BA Pro-One


「20171017a_BaProOne.mp3」をダウンロード

MONTAGE6の鍵盤で弾いている。アフタータッチで倍音が変化する。AS-1本体の鍵盤には、もちろんアフタータッチはない。こういうところが、なんというか、DSIっぽい。本体左の「スライダー」またはモジュレーションホイールを動かすと、HPF(High Pass Filter)が閉じる。単に閉じるのではなく、そこにモジュレーションがかかっていて音が変わるのだが、BPM(Beat Per Minutes)やLFO周波数のつまみをいじっても、音楽になかなかならない。何か操作が違うのかもしれない。

まだほとんど弾いていないが、DSIらしい、いい音のモノシンだと思う。エフェクトが入っているのが便利だろう。OLED(有機LED)の画面は視野角が広く、コントラストもあって見やすい。

Prophet-6は高くて買えない。AS-1はその1ボイス分だけれど、音色に名前が付けられるという点は、Prophet-6よりいいかも。

H2

« スピーカーの自動音場補正をする | トップページ | Roland SDE-330購入 »

Pioneer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pioneer TORAIZ AS-1を購入:

« スピーカーの自動音場補正をする | トップページ | Roland SDE-330購入 »

「シンセな日々」検索








ウェブページ