2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« Yamaha MONTAGEのFM音をスペアナで見る | トップページ | Waldorf Streichfettでリード音を作る(修正版) »

2017/10/13

昨日のWaldorf Streichfett演奏の問題点

昨日、Streichfettを弾いてどうもおかしかったのだが、夜に布団の中で考えて、MONTAGEからのMIDIデータが不適切だったかもしれん、ということになった。Streichfettは箱に入って押し入れに行っているので、MONTAGEの送信データを見てみることにした。

起動するとライブセットのプリセット、Best of MONTAGE 1の「CFX + FM EP」で鳴る。このパフォーマンスを選んだ状態で送られるMIDIデータは、以下のようになっていた。

20171013b_midich1to5

なんと、チャンネル1からチャンネル5で同時送信している。5パート構成であるからだろう。1パート構成のパフォーマンスを選んで送信すると以下のように、チャンネル1のみである。

20171013a_midich1

昨日の私の演奏は、MONTAGEから5チャンネルにデータを送り、Streichfettは、おそらくオムニ(チャンネルがどれでも反応する)になっていて、5チャンネルのノートオンをやろうとしていたのではなかろうか。それじゃあちゃんと鳴らなくて当たり前だ。

ということで、昨日の記事の録音は全部やり直しだな…。時間が取れたらStreichfettを出してきます。

H2

« Yamaha MONTAGEのFM音をスペアナで見る | トップページ | Waldorf Streichfettでリード音を作る(修正版) »

Yamaha」カテゴリの記事

Waldorf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のWaldorf Streichfett演奏の問題点:

« Yamaha MONTAGEのFM音をスペアナで見る | トップページ | Waldorf Streichfettでリード音を作る(修正版) »

「シンセな日々」検索







ウェブページ