2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland U-110とYamaha FC4を購入 | トップページ | minimoogの動作を確かめる »

2017/11/15

Sequential Circuits Pro-Oneの動作を確かめる

20171116a_prooneminibrute

Sequential Circuits Pro-Oneを押し入れから出してきて弾いてみた。鍵盤がカタカタいうのがうるさい。ボリュームはそこら中ガリがあり、カットオフの位置を決めることさえ容易ではない。モジュレーションホイールは動作していない。

別鍵盤で弾いてみるか、ということで、押し入れからArturia MiniBruteを出してきて接続したが、ゲートが通らなくて弾けない。押し入れからKenton Pro Soloを出してきて弾いたら動いた。Pro SoloはHz/Vで使うと音程が気になるが、Oct/Vで使うと気にならない。

弾いていてすごいと思ったのはPro-Oneの低域の量だ。ものすごい量である。Dynaudio BM14Sがぶんぶん唸る。レゾナンスを上げることで減らせるのも便利そうである。

Pro-One Bass


「20171116a_ProOneBass.mp3」をダウンロード

ただ、録音してVSA-919AH、NS-10M、YST-SW800で鳴らすと今ひとつであった。ピークがけっこうあって、コンプなしではあまり音量が稼げない。AVアンプのボリュームつまみを上げると、サブウーハー横のパソコンのアルミケースがひどく共振する。AVアンプの空冷ファンが回る。低音を入れ過ぎるのも問題があるってことだろうなあ。

H2

« Roland U-110とYamaha FC4を購入 | トップページ | minimoogの動作を確かめる »

Arturia」カテゴリの記事

Dave Smith Instruments/Sequential」カテゴリの記事

Kenton」カテゴリの記事

Dynaudio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sequential Circuits Pro-Oneの動作を確かめる:

« Roland U-110とYamaha FC4を購入 | トップページ | minimoogの動作を確かめる »

「シンセな日々」検索







ウェブページ