2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(シンセ4音色、金属弦アコギ2音色) | トップページ | E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(ピアノなど12音色) »

2018/04/20

E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(エレキギター6音色、ベース7音色)

20180420b_teaccddrivewithensoniqcdr

E-MU E5000 UltraでエンソニックのCDR-3「STUDIO ESSENTIALS VOL. 1」を読む、というのをまだやっている。バンク全体では読めないものも、プリセット単位では読み込めたりする。何が入ってるんだ?どうやって弾けばいいんだ?と考えるのが、よい勉強になったりもする。けっこう楽しいかも。

56 TELECASTER


「20180420g_56Telecaster.mp3」をダウンロード

手で弾くとリズムがおぼつかない。下手だ。また、キーボードで弾ける方法で弾いている。ギタリストが聞いたらギターに聞こえないだろうが、私としては、ほお、こんな音もシンセで出せるのか、と新鮮である。E5000 UltraはD/Aが優秀なのか、ノイズが少なく、コンプをかけた時のノイズの浮き上がりがあまりない。素晴らしい。一方で、エフェクトが、リバーブ、ディレイ、コーラスなどは悪くないのだが、ディストーションは使えない。そのあたりは、日本製シンセの充実度が恋しくなる。

CLEAN GUITAR 00


「20180420h_CleanGuitar00.mp3」をダウンロード

Ensoniq CDR-3のプリセットは、「00」「0*」「*0」「**」のようにバリエーションがあり、ここまでの記事ではそこは記載してこなかった。おおむね、「00」を弾いている。この「00」はクリーンな感じ。を紹介し、次に「0*」を紹介する。

CLEAN GUITAR 0*


「20180420i_CleanGuitar0Asterisk.mp3」をダウンロード

こちらの「0*」はミュート音。ギターでミュート音をどうやって出すのか、私はよく知らないが。

PJ FUNK 1


「20180420j_PjFunk1.mp3」をダウンロード

ここでは、ミュート音を主役に、音程感のない音と「キューン」を別鍵盤で混ぜ、終わり直前にベロシティを上げてチョッパーっぽい音を出してみた。現実離れした演奏であるとは思うが。

RESAMP STRAT


「20180420k_ResampStrat.mp3」をダウンロード

これだけ聞いてものれないとは思う。でも、アマチュアバンドのギタリストは、この程度の演奏をする人も、いるんじゃないだろうか。バンドでコピーをしていた時に、ドラムはドラムのパートしか弾かないし、ベースはベースのパートしか弾かないし、ギターはギターのパートの一つしか弾かないし、サックスはサックスの一つしか吹かない。で、それ以外の音のすべては俺の担当かよ、とふてくされたことを思い出す。無理があるんだよね。いろいろとさ。今でも、mezzoforteを聴くと、そう思う。

SESSION ACE


「20180420l_SessionAce.mp3」をダウンロード

ベロシティスイッチな音。弱く弾くとミュートで、強く弾くと伸びる。

JAZZ UPRIGHT


「20180420m_JazzUpright.mp3」をダウンロード

アコースティックベースはプリセットにいくつかバリエーションがあり、これは比較的大人しい音。それでも、弦が板に当たってバチバチいう感じが盛り込まれていて、いいなあと思う。

FAMOUS BASS


「20180420n_FamousBass.mp3」をダウンロード

コンプと歪みをうまく加えると、もっといい音にできそうな気がする。

POWER SLAP


「20180420o_PowerSlap.mp3」をダウンロード

上と同じ感想。E5000 Ultraの上位機種はエフェクトが充実していたのかもしれない。まあ、今やるとしたら外部でアナログ含めてかけるのがいいかな。

ELECTRIC BASS


「20180420p_ElectricBass.mp3」をダウンロード

8分音符を弾くのが難しい。打ち込んだ方がマシか。

TRACK MOOG 1


「20180420q_TrackMoog1.mp3」をダウンロード

現実問題として、シンセベースにサンプラーを使うかというと、使わないような気はする。アナログのモノシンを持ってきた方が操作しやすいからだ。でも、サンプルされた音を聴いて、ふむふむ、と感心はする。これと次の音は、「SYNBAS ANLOG」というバンクに入っていた。

TRACK MOOG 2


「20180420r_TrackMoog2.mp3」をダウンロード

上と同じフレーズを弾いてみた。このシリーズは1から6まである。

VERSA BASS


「20180420s_VersaBass.mp3」をダウンロード

「SYNBAS HYBRD」というバンクに含まれていたもの。ハイブリッドですよ、おやじさん。

H2

« E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(シンセ4音色、金属弦アコギ2音色) | トップページ | E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(ピアノなど12音色) »

E-mu」カテゴリの記事

Ensoniq」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(シンセ4音色、金属弦アコギ2音色) | トップページ | E-MU E5000 UltraでEnsoniq CDR-3を試す(ピアノなど12音色) »

「シンセな日々」検索







ウェブページ