2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Roland FM-186が一線に復帰 | トップページ | Behringer BEHRITONE C50Aを購入 »

2018/09/03

AKG K121 STUDIOのプラグを交換

机にヘッドホンハンガー(K&M 16090)を付けて、AKGのK121 STUDIOを吊るしている。どこかに引っ掛けて引っ張ったのか、それとも自然にそうなったのかはわからないが、プラグの根元の被覆が破け、中の細い3本の線がむき出しになった。布テープで覆ったのだが、しばらくしたら意味がなくなった。
20180903b_akgk121studioalmostbroken

時々、音が出ないという症状も出始めた。本当に音が出なくなってからでは、3本の線のどれがプラグのどの極(チップ、リング、スリーブ)に対応しているかを確かめられなくなる。観念して、交換することにした。

切断して、被覆を剥いて、銅線を露出させる。テスターを持ってきて抵抗値測定モードにし、プラグのどこと対応しているかを確かめる。
20180903c_plugcut

白がスリーブ、赤がリング、黄がチップであった。色から連想したものとは違っていた。白がスリーブ、黄がリング、赤がチップだと思ったんだが…。

で、家にあったプラグに交換した。あまりにごついプラグで、線が細過ぎだが、よしとする。
20180903a_akgk121studiowithnewplug

このヘッドホンは、某楽器店でFireface 800とSonarを買った時にポイントがたまり、それを使って購入した。そんなに買い物をしないから、ポイント使っちゃおうと思ったのだった。

会社勤めをしていたころは、自宅の机の前に座れるのは夜だけで、ヘッドホンをかけてシンセを弾くことが多かったが、会社勤めをやめてからは、明るいうちにスピーカーで鳴らすようになり、ヘッドホンの使用頻度が下がった。今では、シンセから音を出しているはずなのに次の機器に音が来ない際に、ヘッドホン端子で音の出を確認するくらいしか使っていない。夜は、なるべく早く寝ようとしている。

上の作業をするだけでも、小さいニッパー、ラジオペンチ、半田ごて、半田ごて置き、テスター、半田、老眼鏡などを用意しなければならない。ニッパー、ペンチ、半田ごて置き、テスターは、小学生の時にお小遣いを貯めて買ったものである(半田ごては壊れてしまった)。当時は工具も日本製で、けっこう高かった。それらを、数十年経った今でも使っているのだから、すごいなあと思う。

私ができるのはケーブルの半田付けくらいであるが、それでも、できてよかった。

H2


« Roland FM-186が一線に復帰 | トップページ | Behringer BEHRITONE C50Aを購入 »

AKG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKG K121 STUDIOのプラグを交換:

« Roland FM-186が一線に復帰 | トップページ | Behringer BEHRITONE C50Aを購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ