2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« Radikal Technologies Accelerator、最初に作った2音色 | トップページ | Yamaha MOTIF-RACK ES(2台目)を購入 »

2018/10/15

AcceleratorにMTP AVでcc#7を供給する

20181015f_miditimepieceav

Radikal TechlologiesのAcceleratorにボリュームペダルをどうつなぐか、というのを試行錯誤している。これまでMONTAGE 6からcc#7を送っていたのだが、2段鍵盤になっているのだから別の音色を弾けた方が楽しいような気がするし、Acceleratorを弾くのにMONTAGEの電源投入が必須というのも、いかがなものかということになった。

で、AcceleratorのMIDIをMOTU MTP AVの8番に双方向でつなぎ、FC7をMTP AV前面のペダルB端子に接続し、FC7の信号を8番入力のcc#7として挿入し、8番入力を8番出力にルートし、Acceleratorのローカルをオフ、という設定をした。これで、AcceleratorとMTP AVの電源をオンにすれば、Acceleratorの音量調整をペダルでできる。MTP AVの設定はパソコン側でできるので助かる。

音を出すには、O-2031とプリメインアンプLUXMAN L-430の電源も入れないといけない。でも、オンにすべき電源スイッチは計4個だから、まだ少ない方である(タメイキ)。

H2

« Radikal Technologies Accelerator、最初に作った2音色 | トップページ | Yamaha MOTIF-RACK ES(2台目)を購入 »

Mark Of The Unicorn」カテゴリの記事

Radikal Technologies」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AcceleratorにMTP AVでcc#7を供給する:

« Radikal Technologies Accelerator、最初に作った2音色 | トップページ | Yamaha MOTIF-RACK ES(2台目)を購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ