2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

« RolandからSYSTEM-8用サイドウッドパネル「RSP-8W」が出ていた | トップページ | SequentialからProphet 12 Desktopラック耳とMEKノブキットを購入したつもりが… »

2018/11/12

dbx QUANTUMのデジタル入力を使う

20181112a_dbxquantumaesebuin

メインの結線をアナログにしたため、デジタル機器のいくつかは不要になる。配線を外したり、新たに引いたりして、結線をブラッシュアップしている。

Fireface 800は、スペクトラムアナライザを見るため、ソフトシンセを弾くために192kHz駆動で残すことにした。96kHzに切り替えて使うことも少し考えたのだけれど、切り替えが面倒でやめた。

192kHz駆動の機器は我が家にはFireface 800とクロックジェネレータしかない。Fireface 800を使うためだけにクロックジェネレータを使う必要はないだろう、と考え、クロックジェネレータは外した。SPX2000とADI-8 DDも外した。これまで愛用してきたのだけれど。

Fireface 800を192kHz駆動で使うと、そこからdbx QUANTUMへ引いていたS/PDIFは意味がなくなる。dbx QUANTUMのS/PDIF入力にOppoのBDP-103をつないでみたが、CDは聴けるがSACDは聴けない。また、音が極端に大きい。BDP-103の音量調整はなぜか効かない。これではつまらないなぁ、ということでやめた。

そんなこんなして、dbx QUANTUMのS/PDIFにはRoland Integra-7をつないだ(96kHz)。AES/EBUにはAkai S6000をつないだ(44.1kHz)。

Integra-7をつなぐと、パソコン→Integra-7→dbx QUANTUM→B3031A+BM14Sという鳴らし方ができる。リスニング、マスタリングに使えるかも、と考えた。PCMでMR-2000Sに録音すれば、フルデジタルでdbx QUANTUMを通してコンプやEQなどをかけられる。プラグインを使うより楽な局面もあるかもしれぬ。Integra-7単体で曲を作った場合は、フルデジタルで録音するのも良いかもしれぬ。

Akai S6000も、それ単体であれば、フルデジタルで、dbx QUANTUMでの加工をして、録音できる。それがいい局面もあるやもしれぬ。小音量で鳴らしてみたが、デジタルならではの生々しさというものも、あるような気がする。S6000のエフェクトはダメダメだと思ってきたが、使い方によってはそうでもないかもしれぬ。

dbx QUANTUMのアナログ入力には、MR-2000Sをバランスでつないでいる。この場合は、モニターコントローラということになる。96kHz動作なので、48kHz超の再生はできないが、まあ、それは、とりあえず気にしないことにしよう。

試してみたいことは、まだまだあるってことだなぁ。

H2

« RolandからSYSTEM-8用サイドウッドパネル「RSP-8W」が出ていた | トップページ | SequentialからProphet 12 Desktopラック耳とMEKノブキットを購入したつもりが… »

dbx」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dbx QUANTUMのデジタル入力を使う:

« RolandからSYSTEM-8用サイドウッドパネル「RSP-8W」が出ていた | トップページ | SequentialからProphet 12 Desktopラック耳とMEKノブキットを購入したつもりが… »

「シンセな日々」検索








ウェブページ