2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2019年7月 | トップページ

2019年8月

2019/08/19

Behringer B2030Pを出してきた

20190819a_behringerb2030p

ベリンガーのパッシブモニタースピーカー「B2030P」を出してきて、これまで使っていたヤマハNS-M125と交換した。NS-M125は、1個を机のセンタースピーカーとして使っている。センタースピーカーの場所が限られており、これより大きいものを置く勇気が出ず、なかなかグレードアップが果たせずにいる。NS-M125は3個セットで買ったため、残りの2個をカワイMP9500の上に置き、LUXMAN L-430で駆動してMP9500とコルグM3-Mを鳴らすのに使っていた。

このところ、音楽を作る根性がなく、5.1chを含むリスニングをしていた。AVアンプ(パイオニアVSA-919AH)につないだリアスピーカー(タンノイmercury mx3)の右が、ツイーターが飛んでいるのではないかと以前から疑っていてB2030Pにしてみようかと思ったのだが、mercury mx3はバイワイアリング対応端子なので、金具を外してツイーターだけに接続して鳴らしてみたら、ツイーターの音が小さい感じはしたが、全く鳴っていないということはないようだった。それじゃまあいっか、ということになり、せっかくB2030Pを出してきたのだから、NS-M125と代えるか、ということになった。

NS-M125よりは、B2030Pの方が、まともな音だ。ウーハーの口径が、NS-M125は8cmで、6.75インチ(17cm)であるから、その差ははっきりしている。

これなら、リスニングにも使ってみようか、ということで、押し入れからソニーのMD録再機「MDS-PC2」を出してきて接続した。上の写真で、L-430の上に乗っているのがそれである。再生はまだできるようで、うれしい。

H2

 

2019/08/18

Casio XW-P1が修理から戻ってきた、が…

20190818a_xwp1version111

カシオのシンセXW-P1が修理から戻ってきた。代引き手数料と送料込みで1万3176円。修理内容は「回路基板ユニットの交換」。ファームウエア更新をミスっただけで基板が壊れたのか…、とボーゼンであるが、修理してもらえたのでありがたい。

とはいうものの、電源を入れて弾き始めたら、不具合に気付いた。中央をC3とし、左端をC1、右端をC6と考えた場合に、E1、C2、G#2、E3、C4、G#4、E5、C6の8鍵が発音しない。トランスポーズしても、発音しない鍵盤は同じである。外部からMIDIのノート信号を送って弾く場合は問題なく発音する。

明日、電話してみなければなるまい。ふぅ。

H2

 

2019/08/17

スズキ歴史館を見学

20190817a_suzulightss

浜松のスズキ本社に併設された「スズキ歴史館」を見学した。1階はショールームを兼ねており、現行車種に乗れる。もっとも、ショールームなのでエンジンをかけたり動かしたりすることはできない。バイクにまたがってみることもできる。最新のレーサーレプリカ、GSX1100S刀(たぶん)、子供向けモトクロッサーである。モトGPマシンはまたがってはいけない。

2階は歴史解説で、織機から始まり、昔のバイクがあり、昔の車があり(上の写真は1955年発売のスズライトSS)、船外機があり、シニアカーがあり、といった具合である。3階では3D映像で工場見学ができ、製造工程に関する実物説明がある。ロボットが動く姿は迫力があった。工場一覧を見て、うちの車は磐田で作られてるんだ、と思ったりもした。浜松の航空写真を床に敷き詰めた展示も、浜松で少年期を過ごした私としては楽しかった。

みやげにGSX1100S刀のプラモデルを買った。500円である。

20190817b_suzukigsx1100skatanakit

子供のころにはプラモデルの組み立てをやっていたが、40年以上前のことであり、プラモデル自体も変わったし、自分は老眼を抱える身となってしまった。通常は1.0くらいの老眼鏡を使っているのだが、2.0でもなかなか見えない。特に、黒いパーツに黒いパーツをはめる、とかいうのになると、まったく見えない。パーツは細かく、間違った力をかけると曲がったり折れたりする。上の写真は1時間弱苦闘して組み立て終わった様子だが、いくつかのパーツは付けられなかった。バックミラー(左右)、ブレーキペダル、変速ペダル、センタースタンドである。シールは、組み立て中に貼れと指示があったメーターだけは貼ったが、他は力尽きてやめた。

プラモデルを組み上げるのも、技術であるなぁ。

H2

2019/08/06

京都に行ってきた

20190806a_kyototower

京都に行った。灼熱というほどではないが、蒸し暑い。京都駅の路線バス乗り場にはミストが出ていたが、効果はあまり感じなかった。

20190806b_busatkyotostation

桂川方面に路線バスで向かう。路線バスで周囲を眺めているだけでも、どことなく、品の良さというか、文化というか、を感じるのは、京都だからだろう。

小高いところから京都の市街地であろうと思われる方を眺めた。

20190806c_kyotofromwest

約束の時間より1時間ほどは前に着くようにした。屋外で待たなければならず、暑さがこたえた。本を4冊入れた鞄も重い。観光しようという気にもならず、早々に引き上げてきた。KTM 950 ADVで約600km走ったせいか、どうも夏バテ気味だ。

H2

2019/08/05

KORG prologue-16を1.32に更新

20190805a_korgprologueneedsupdate

KORG prologueのシステムソフトウエアの新バージョン「1.32」が出ているのに気付き、更新をした。上の画面は、USB接続されたprologueを更新ソフト「KORG System Updater」が認識し、現在のバージョンが1.30で1.32が最新なので、更新が必要だ、と表示しているところ。

「Update」をクリックすると更新が始まる。

20190805b_korgprologueupdating

更新が終わると下の画面になる。

20190805c_korgprologueupdatedone

本体のディスプレイは、下の写真のようになる。

20190805d_korgprologueupdatecompleted

電源を切り、入れ直して、音が出ることを確認した。続いて、いったん電源を切り、「PROGRAM SORT/EDIT PAGE」の右端の「8」ボタンを押しながら電源を入れ、バージョンを表示させた。

20190805e_korgprologuesystem1_32

SYSTEMが1.32に更新された。

ライブラリアンの新バージョン「1.0.3」があったので、それもインストール。

20190805f_korgprologuelibrarian1_03

prologue-16、このところ使っていなくて、ほこりが積もっている。久々に弾いて、鍵盤の奥の方は弾きにくいな、と思った。

H2

2019/08/04

暑いなぁ

20190803a_35_8celsius

連日の暑さ、いかがお過ごしでしょうか。くれぐれもご自愛ください。

少しのんびりしようと自室に入ったら、気温が35度8分、湿度49%と表示されていた。乾いているから汗が噴き出るという感じではないのだが、健康に悪そうな温度である。エアコンをかけてもなかなか温度が下がらない。建材などが、かなり熱を持っているのだろうなと思う。

H2

2019/08/02

KTM 950 Adventureで片道300km

20190802a_ktm950adv

夜の10時に父が緊急手術をするという電話があり、KTM 950 Adventureで駆け付けることになった。セブンイレブンで金を下ろし、ガソリンスタンドで満タンにし、それから出発なので、なかなかに時間がかかる。夜の高速道路では、トラックの多さに仰天した。

300km弱を走り、午前3時過ぎに病院に到着。守衛さんと話をしている時に姉から電話があり、手術が終わって自宅へ戻っていると知らされた。そちらへ移動して話を聞いた。父のベッドで眠って起きて、病院に行った。少し昼寝をしてまた病院に行った。

寄る年波には勝てぬ、というところだろうか。300km続けて走っただけでくたびれた。若くないなぁ。

H2

 

« 2019年7月 | トップページ

「シンセな日々」検索






ウェブページ