2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« Alesis micronで最初の1音色を作る | トップページ | NEC LaVieL LL700/3を発掘 »

2019/08/28

Casio XW-P1が修理から帰還

20190828a_casioxwp1

カシオXW-P1が修理から帰還した。オペレーティングシステムのバージョンを上げようとして失敗してふっとばし、修理に出したら基板が交換されて戻ってきて、8個の鍵盤が発音しないという不具合が認められ、また送った、という経緯であった。向こうに到着した時は、全鍵盤から音が出ない状態だったようで、再度基板交換となったらしい。

では音を一つ。

Casio XW-P1 "P0-0 SS Performer"

パフォーマンスモードのプリセットの最初にある「SS Performer」を手弾きしたもの。最後は両手で弾いて音を伸ばしており、サスティンペダルを踏んでモジュレーションホイールを上げたかったのだが、サスティンペダルを接続していなかった。

安値で購入し、購入してもまるで使っていなかった私が今さら言うのも何だが、XW-P1、いいシンセである。他社とは明らかに違う音が出る。いいか悪いかは別として。廉価で軽量であるのに61鍵盤あるのが素晴らしい。他機種の流用だからこうなったのだとは思うが、両手を離して弾ける、トランスポーズボタンを操作する手間を省けるというのは大変によい。鍵盤の形状はちょっとピアノっぽく、なかなかに良い感触である。価格を考えれば、この鍵盤はほめてよいと思う。

もちろん、不満もある。エフェクトが「DSP1個+システムエフェクト(リバーブ、コーラス)」しかない点、エクスプレッションペダルを接続できない点は、このシンセの価値を大きく下げていると思う。それはカシオさんもご存知のようで、後に出たCT-X3000/5000では改善がほどこされている。CT-X3000/5000ベースで再度シンセを作ってくれたら、私は買うかもしれない。でも、CT-X5000は、そのままでもちょっと欲しい気もする。ソングモードがあるのがいいよなぁ。

H2

« Alesis micronで最初の1音色を作る | トップページ | NEC LaVieL LL700/3を発掘 »

Casio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Alesis micronで最初の1音色を作る | トップページ | NEC LaVieL LL700/3を発掘 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ