2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« Casio XW-P1が修理から帰還 | トップページ | Yamaha MONTAGEでKORG Collection M1を弾く »

2019/08/30

NEC LaVieL LL700/3を発掘

20190830a_neclaviel_ll700_3

実家の押し入れの中に、NECのノートパソコン(ラップトップと呼びたい気もする)「LaVieL LL700/3」があった。2002年の商品で、それが2019年に一応動いていることに感動した。これは姉が購入したパソコンで、一緒に買いに行った覚えがある。Windows XPでメモリーは512MB。標準が256MBなので、少しは増設したわけだ。512MBのモジュールがなかったので、256MBでも増設しないよりマシか、と買ったような記憶がある。ハードディスクは40GB。ディスプレイが大きく、老眼の私には嬉しい。

このパソコンが頻繁に使われていた頃は、インターネット回線も契約していたので、無線LANルーターを置き、プリンターもLAN経由で使えるように設定していた(私が、である)。パソコンの時代が過ぎ去り、インターネット回線の契約は解除した。プリンターは電源が入って印刷が少しはできたが、紙詰まりが頻繁に起こり、廃棄したほうがよさそうである。

上のパソコンで、スマホのテザリングに接続できるか試したが、暗号化の仕様が古いようで、繋がらなかった。残念。有線LANの端子があるので、そちらなら繋がるかもしれない。もっとも、Windows XPであるので、ネットに繋がずに使うという方法もある。

なぜ「シンセな日々」でこのパソコンの話題を取り上げたかというと、これ、もしかしたら、古いソフトを動かすのに使えるかも!と思ったからである。ak.sysとかは、今の環境では動かない。FDDも、動いてくれれば、USB接続のものより、互換性が期待できるかもしれない。

これ、捨てないでね、と頼んでおいた。

H2

 

« Casio XW-P1が修理から帰還 | トップページ | Yamaha MONTAGEでKORG Collection M1を弾く »

機材その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Casio XW-P1が修理から帰還 | トップページ | Yamaha MONTAGEでKORG Collection M1を弾く »

「シンセな日々」検索






ウェブページ