2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« Roland SRV-3030とElektron Digitone Keysで「Your Space」 | トップページ | Audio-Technica ATH-J100を購入 »

2019/09/29

Kawai MP9500で「Tomorrow」

20190929a_kawaimp9500_zoomh5

机後方の棚に置いてあるカワイの電子ピアノMP9500の周りの機器配置を少し変えた。棚の上段にあったLUXMAN L-430を、使っていないLeslie 2103の上に置き、上段を広く開けることに成功した。今のところ、61鍵の待避スペースに使うことを考えている。

MP9500のマルチを試し弾きして1曲。

Tomorrow

カワイMP9500のマルチ3-4「CHURCHY」を手弾きしたもの。Zoom H5を直結して録音し、演奏の修正はしていない。録音時は何度も失敗し、やり直した。再現性を重視し、両手の譜面を書き、なるべく忠実に弾いている。難しくないように書いたのに、それでも私には難しい。

譜面はこちら。

20190929b_tomorrowmemo

エレクトーンを習いに行った時、「どこかで切らないと」と言われた。トランペットだと自然にブレスが入るし、ピアノはサスティンが目立たない楽器なので、私ごときのレベルだと、切り方を意識することが少ない。エレクトーンを弾くなら、意識して音を切らなければいけないと教わった。今回、切り方を意識してみたが、まあ、今後も練習が必要だ。

MP9500は、重過ぎて現在の位置から動かせない。ただ、邪魔というわけではない。我が家にある電子楽器のうち、唯一の88鍵盤だし(一番上が動かないので実質87鍵だが)、木製シーソー型の鍵盤の素晴らしさは、他機種にないものだ。音も、懐かしの1990年代、シンセの音にみんなが夢を見れていた時代を彷彿とさせるもので、好きである。たぶん、今後も動かさないだろう。

MP11とかMP11SEとか、欲しいことは欲しいけどねぇ。MP9500を手放す勇気があるかというと…。

H2

 

« Roland SRV-3030とElektron Digitone Keysで「Your Space」 | トップページ | Audio-Technica ATH-J100を購入 »

Kawai」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland SRV-3030とElektron Digitone Keysで「Your Space」 | トップページ | Audio-Technica ATH-J100を購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ