2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« Elektron Digitone Keysで「FMセロによる即興」 | トップページ | Studio Electronics Boomstar 4075とElektron Digitone Keysで「Floating Dance」 »

2019/10/04

Mackie 1202を再検査

20191004a_mackie1202

昨晩気になって、Mackie Micro Series 1202のステレオチャンネルの右が入らないという点を再チェックし、正常に動いていることがわかった。よかったよかった。

壊れていると誤って判断したのには、いくつかの要因があったようだ。Digitone Keysの信号を入れてチェックした時に、Digitone Keysのパンを振って左右が通っているか調べたらしい。で、その操作がKORG M3に影響を与えていることには気づかなかった。M3の音をステレオで入れて右側が小さいということになった。M3のセッティングが原因だとは思わず、1202に問題があると勘違いした。

続いて、M3の左出力のみを挿入して1202のステレオチャンネルのチェックを始めた。左入力に入れればモノ入力として動く。そのプラグを右入力に入れて、「あれ、音が小さい」とやっていた。おそらく1202のステレオ入力は、(1)左が挿しこまれていればモノ入力として動く、(2)左右が挿しこまれていればステレオ入力として動く、のであろう。右だけが挿しこまれている、という状況は、たぶん想定されていないのだ。

ということで、1202無印が使い物にならないほど壊れている、というわけではないことがわかった。つまみのキャップが1個なくなっているし、つまみが妙に軽くなっているし、ガリもところどころにあるが、それでも、まだ使えそうだ。

FM-186から1202に戻そうか、と一瞬考えたが、面倒なのでやめた。

H2

« Elektron Digitone Keysで「FMセロによる即興」 | トップページ | Studio Electronics Boomstar 4075とElektron Digitone Keysで「Floating Dance」 »

Mackie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Elektron Digitone Keysで「FMセロによる即興」 | トップページ | Studio Electronics Boomstar 4075とElektron Digitone Keysで「Floating Dance」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ