2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« Audio-Technica ATH-J100を購入 | トップページ | Mackie 1202-VLZを出してきた »

2019/10/02

Lexicon PCM90とElektron Digitone Keysで「温泉の雫」

20191002a_lexiconpcm90

このところ、リバーブ三昧である。96kHz動作ができない(44.1kHzまたは48kHz動作である)リバーブレーターはセットアップしていなかったのだが、ヤマハProR3を使ったら気持ちがよく、ローランドSRV-330を出してきて、レキシコンPCM90を出してきた。

我が家のPCM90はアナログ入力のつまみのガリがすごく、アナログ入力は使えないと思っている。デジタル入出力で使う分には、トラブルが生じたことはない。デジタル入力でアナログ出力だと、音がおかしくなったことがあり、アナログ出力も壊れているのではないかと疑った。

今回は、SRV-3030のデジタル出力をPCM90につないだ。PCM90の出力は、まずはアナログ出力を聞いてみようということでやってみたら、特に問題がないようだったので、そのままとしている。以前、アナログ出力が壊れていると疑ったが、それは、デジタル入力からのクロック供給か何かに問題があったせいかもしれない。うーむ。

SRV-3030はとりあえずスルーしたかったのだが、BYPASSボタンを押すとデジタル出力がされない。仕方ないので、エフェクト音のレベルを落とし、「Gold PlateNo」という名前で保存した。名前の変更時に、クリックのないつまみで設定しなければならず、閉口した。他に方法があるのかもしれないが。

では音を一つ。

Hot Spa Trickle

Digitone Keysの「A:017 SQUARE BASS FP」にPCM90の「P0 0.0 Deep Blue」を21% Wetでかけている。Digitone Keysのシーケンサーで1小節のパターンを作り、同じトラックで上物を弾き、コルグM3のシーケンサーに録音し、クォンタイズをかけた。Digitone Keysのシーケンスを止めるM3のシーケンスも止まるので、マスターレコーダーMR-2000Sを回した状態で、最後の持続音は手弾きした。モジュレーションホイールの上げ下げもその段階で行っている。

PCM90は、2000年ごろに買ったのではないかと思う。中古だがそれなりに高く、プログラムカード「DUAL RVB V1.0」は新品をエレクトリに買いに行ったような記憶がある。PCM90は大変にディープな機械で、うまく使えたと思ったことは一度もない。避けがちな機械である。

Digitone Keysは、独立出力から出すことにして、メイン出力はつながなくていいか、と思ったのだが、メトロノームが聞けなくなることが判明した。とりあえず、メイン出力をM3につないだ。

H2

« Audio-Technica ATH-J100を購入 | トップページ | Mackie 1202-VLZを出してきた »

Elektron」カテゴリの記事

Lexicon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Audio-Technica ATH-J100を購入 | トップページ | Mackie 1202-VLZを出してきた »

「シンセな日々」検索







ウェブページ