2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

« Buffalo MCR-SFB2を購入 | トップページ | KORG KRONOSのPolysixEXでアンサンブルとPWMを試す »

2020/01/21

Sony MDS-PC2をAVアンプに接続し、さだまさし「風見鶏」を再生

20200121a_sonymdspc2onakais6k

ソニーのMiniDiscデッキ「MDS-PC2」をパイオニアのAVアンプVSA-919AHに接続した。光S/PDIF接続。パソコンのRealtek出力をこのところあまり使わないので、それを挿した。

MDS-PC2は、しばらく前には机背面のシステムで、Mackieの1202VLZを経由してBehringer B3031Aにつながっていた。1202VLZを廃してKORG M3-MとB3031Aを直結したので、MDS-PC2の音が聞けない状況になっていた。

しばらく前にMDS-PC2で手持ちのMDを手当たり次第にかけていた中にさだまさしの「風見鶏」があり、その中の「セロ弾きのゴーシュ」が、今日頭の中に響いた。これはなんとかして再生せねばなるまい、ということで、接続変更となった。

Wikipediaの記事によれば、風見鶏というアルバムは、累計売上が92万枚という。すごい。

中学生の時、友人がこのアルバムを貸してくれた。たぶん、カセットに録音した。大学時代に組んでいたギタリストの一人がくれたさだまさしのLPの中に、これが含まれていたかどうか、それが今どこにあるか、はっきりしない。

風見鶏というアルバムは、幸せとは何かを考えさせてくれる。昔も今も変わりはない。

H2

« Buffalo MCR-SFB2を購入 | トップページ | KORG KRONOSのPolysixEXでアンサンブルとPWMを試す »

Sony」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Buffalo MCR-SFB2を購入 | トップページ | KORG KRONOSのPolysixEXでアンサンブルとPWMを試す »

「シンセな日々」検索







ウェブページ