2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« Roland SN-U110-01とSN-U110-02を購入 | トップページ | rgcAudio Pentagon Iを弾いてみた »

2020/02/02

Apple Logic Pro XとKORG KRONOSで「あったかく、ね」

20200202a_logickeepwarm

手持ちのソフトシンセをいろいろ試してみようということでLogic Pro Xを起動した。けっこういろいろ入っているようだ。

Logicはどうも苦手であまり使ってこなかった。KRONOSの向こうに20型くらいの液晶ディスプレイを置いた効果は大きく、Logicの付属ソフトシンセ「Alchemy」の音を初めて使い、Logicで打ち込んだ。

昨年末に購入したKRONOSはMIDI入力(USB MIDI含む)が死んでいるのではないかと疑っていたのだが、今回、USB経由で、LogicからKRONOSを鳴らすことに成功した。安心した。MIDI端子の入力は死んでいるかもしれないが、それでも、USB MIDI入力が使えるだけでもうれしい。

Keep Warm

Logic付属Alchemyの「Liquid Echo Bells」と、KRONOSの「I-F004:Meet Oscar」による二重奏。KRONOSにはLexicon PCM90「P1 0.2 Small Room」を少しかけた。

KRONOSをMIDIクロックのマスターにしてLogicをスレーブにする方法がわからず、Logicをマスターに、KRONOSをスレーブにして同期させた。Fireface 800が時々プチプチ言ったが、徐々に安定してきて、今回の録音ではその破綻はたぶんないと思う。

みなさま、お風邪など召しませぬように。

H2

« Roland SN-U110-01とSN-U110-02を購入 | トップページ | rgcAudio Pentagon Iを弾いてみた »

Korg」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland SN-U110-01とSN-U110-02を購入 | トップページ | rgcAudio Pentagon Iを弾いてみた »

「シンセな日々」検索







ウェブページ