2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« t.c.electronic D-Twoを購入 | トップページ | KORG minilogueとPa1000で「Beat5」 »

2020/02/23

Roland Super UA UA-S10を購入(2台目)

20200223a_twouas10s

ローランドのオーディオインタフェース「Super UA UA-S10」を購入した。中古で1万9800円。届いたものをつないで音が出ることを確認中。

1台目のUA-S10を気に入った。UA-S10の出力をDynaudio BM14S+Genelec 1031Aに接続して使っているが、ノイズレベルが十分低く、音楽CDの44.1kHz、16ビットデータが美しく聞こえる。音楽CDをこんなにきれいに再生できるのか、と驚きつつ、いろんな音楽を再生して耳慣らしを続けている。

これだと、音楽CDを超えるハイレゾのフォーマットに意味がないと感じられるのも、致し方ないかもしれない。一つのディスクをいかに美しく再生するかはオーディオマニアの腕の見せ所で、自分もそうなりかねない危うさを感じる。

で、UA-S10はもう1台ほしい、と思った。製造販売がもう終了しているようなので、手に入るうちに。

mobile UA UA-M10にしようかとも少し考えた。バスパワーで使えてACアダプターを運ばないで済むのは好ましい。一方で、再生しかできないこと、アンバランスのミニステレオフォンの出力であること、などを考えると、家を離れた時に使うにしても、物足りないとも思った。RMEのADI-2 Proも、10万円を切る程度で売られているのでぐらっときたが、私の用途にはオーバースペックであるという見方は変わらず、購入を踏みとどまっている。

UA-S10の1台はメインのWindowsパソコンにつないで使い、1台は予備機とする。家から離れなければならない際は、ノートパソコンとUA-S10を持っていこうかと思う。あとは、ヘッドホンとnanoKeyくらいか。

UA-S10の音量調整ダイヤルも気に入っている。何回転もするロータリーエンコーダーなので、音量を微妙に調整できて好ましい。少し軸が曲がっている気はするが、2台ともそうなので、不良ではないのかもしれない。UA-S10 Control Panelに、ボリュームの値が設定されるのも嬉しい。音量をそろえる際の目安になるからだ。

ローランドの「Super」なんとかは、けっこう不吉な製品名である。多くの場合、そのシリーズの究極製品で、次が出てこないのだ。自分が持っているものでいうと、Super JX MKS-70がそうだった。Super JUPITER MKS-80も持っていたことがある(壊れて廃棄した)。Super JD JD-990は買ったことがない。Super JV JV-1080は後継に2080が出た。Super Quartet MKS-7はどうだったんだろう。

Super UAがUA-S10で終わり、ということがないように祈っている。

H2

« t.c.electronic D-Twoを購入 | トップページ | KORG minilogueとPa1000で「Beat5」 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
通りすがりのものですが初コメ失礼しまっす!

僕もコレ持ってますよ。
もちろんお気に入りです。

ADI-2 Pro FSも所有してましたが忠実に再生、一方のUA-S10はより音楽的で聴いてて楽しめる。
そんな印象を持ってますよ。

ローランドの「Super」にそのような黒歴史があったのですね。
「Super UAがUA-S10で終わり、ということがないように祈っている。」
超同意します!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« t.c.electronic D-Twoを購入 | トップページ | KORG minilogueとPa1000で「Beat5」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ