2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« Cakewalk Rapture LEで「朝寝」 | トップページ | Yamaha SPX2000をパソコンにUSB接続 »

2020/02/05

SonarとKORG Collection TRITONのテンポ同期

20200205a_sonartritonsynctest

ソフトシンセをシーケンサーと同期させる実験をWindows上で行った。KORG Collection TRITONをシーケンサーと同期させたのが下の録音である。

Noisy Stabber 80bpm

Sonar x64でTRITONのプラグインを呼び出し、TRITON側では、GLOBAL画面でSYNC TO HOSTをオンにし、ARP画面でKEY SYNCをオンにした。演奏は全音符でクォンタイズ。演奏をやめた後の様子を聞くと、ディレイもインテンポになっているようだ。

Noisy Stabber 100bpm

こちらでは、100bpmにしている。

Pa1000をシンクのマスターにするのはうまくいかなかった。Sonarのクロックソースはオーディオでないとうまく動かない。SonarをマスターにしてPa1000をスレーブにすることはできた。とはいうものの、それに意味があるとも思えない。Sonarを動かすのであれば、Sonarに録音すればよいからだ。

z3ta+とのシンクも試してみた。Sonarを再生状態にしないとちゃんと付いてこないことがあるように思う。Cantabile 3.0というホストアプリケーションも試してみた。有料版でないとMIDIシンクができないようである。難しい。

H2

« Cakewalk Rapture LEで「朝寝」 | トップページ | Yamaha SPX2000をパソコンにUSB接続 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

Korg」カテゴリの記事

Cakewalk」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cakewalk Rapture LEで「朝寝」 | トップページ | Yamaha SPX2000をパソコンにUSB接続 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ