2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« Dexibell VIVO SX7のレイヤー音 | トップページ | Dexibell VIVO SX7に「EXP_German_PLT」を入れてみた »

2020/03/15

Dixibell VIVO SX7をKORG KRONOSに接続

20200315c_vivosx7withkorgkronos2011

VIVO SX7を机右側の、コルグKRONOS(2011)を中心としたセットに移動した。これからSX7のピアノ音をオーディションしようという気持ちでいるのだが、それをPa1000の内蔵スピーカーで行うのはどうだろう?と思ったからだ。Pa1000の内蔵スピーカーは気持ちのよいスピーカーであるが、スタジオモニターと比べるものではない。

コルグの3極ダンパーペダルDS-1HをKRONOSに持ってきた。ダンパーのデータがどんな風になっているか見たのが下の図だ。

20200315d_korgkronoscontinuousdamper

Pa1000に比べると、細かく出ているように思う。

KRONOSにはもう一つフットスイッチを接続できるので、それをソフトペダルに設定した。今度はうまくいった。VIVO Grandだけでなく、複数のピアノ音色でソフトペダルの効果を聞けた。

Classic Grand

VIVO SX7の「Classic Grand」を弾いたもの。ほとんどの部分でソフトペダルを踏んでいて、「ドミラミララミラ」と「シレソレソソレソ」のところだけソフトペダルをやめている。KRONOSのシーケンサーに録音して、リタルダンド以外は8分でクォンタイズをかけている。テンポは、録音の時はもう少し遅くした。

今のところ、VIVO SX7に標準で入っているピアノ音で好きなのは「VIVO Grand」と「Classic Grand」かなぁ。

H2

« Dexibell VIVO SX7のレイヤー音 | トップページ | Dexibell VIVO SX7に「EXP_German_PLT」を入れてみた »

Korg」カテゴリの記事

Dexibell」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Dexibell VIVO SX7のレイヤー音 | トップページ | Dexibell VIVO SX7に「EXP_German_PLT」を入れてみた »

「シンセな日々」検索







ウェブページ