2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« Roland Cloud ZENOLOGYを試す | トップページ | KORG Collection TRITONのCPU消費を抑える »

2020/05/13

Apple Logic Pro Xを10.5に更新

20200513a_logicprox10_5_0

MacBookを起動してしばらくしたら、ソフトウエア更新のお知らせが表示された。Logic Pro Xだったので、更新してみた。上の画像のように、10.5になった。Appleによれば、「最大規模のアップデート」であるという(リンクはこちら )。

私がLogicを起動した時に必ずといってよいほど頻繁に行う作業が、メニューで「ファイル」→「テンプレートから新規作成」を選ぶことである。その画面を開いて、選択肢が増えていたので驚いた。

20200513b_logicproxprojectselection

「Live Loops」というものがあるらしい。とりあえず今回は無視。

ソフト音源の一覧に、「EXS24」が出てこない。その後継が「Sampler」だ。

20200513c_logicproxchoosesamplermultisam

設定画面はこんな感じ。

20200513d_samplerloadingpianopremier

EXS24は画面の文字が小さかったので、老眼の私としては、今回の画面の方が見やすいかもしれぬ。画面をリサイズすると、表示する情報量が増えるのではなく、字などが大きくなる。老眼の私向けだ。

ベロシティ設定をどこでするのかがわからず戸惑った。「SYNTH」の右の「Details」をクリックしたら、「Velocity Offset」というパラメーターが現れたので、それを少し上げた。「Amp Velocity Curve」がマイナス10になっていることには、後で気付いた。

では音。

PIANO Premier In Logic "Sampler" Software Instrument

ペダルを踏んでじゃらんじゃらんと弾いてみたが、特に破綻はないようで、ほっとした。このピアノの音が使えないということになると、私としては残念であるからだ。

MacとWindowsのどちらが好きかと問われると、2.11の昔から使い続けてきたWindowsであるのだが、Logicが比較的安価で、アップデート時に費用がかからない点は、いいかもなぁと思う。

H2

« Roland Cloud ZENOLOGYを試す | トップページ | KORG Collection TRITONのCPU消費を抑える »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland Cloud ZENOLOGYを試す | トップページ | KORG Collection TRITONのCPU消費を抑える »

「シンセな日々」検索







ウェブページ