2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« Apple Logic Pro Xを10.5に更新 | トップページ | Akai S6000で「Zoom Into Your Space」 »

2020/05/13

KORG Collection TRITONのCPU消費を抑える

20200513e_korgcollectiontritonmaxvoicenu

先日、MacBookのLogic上でKORG Collection TRITONを使い、ピアノのペダルを踏むとCPU消費が限界に達し、ぶちぶちと雑音を出したという話を書いた。何か対処法がないかと、Windows上も含めてやっていたが、GLOBAL→SYSTEM SETTINGS→MAXIMUM VOICE NUMBERというパラメーターを下げるとよいようだ。標準設定では128になっているが、上の画面では64に減らしている。

では音。

KORG Collection TRITON "EXB-H000 C. Grand Piano"

TRITONは、EXB-PCMの中にいろんなピアノがあり、これは、EXB-PCM08 CONCERT GRAND PIANOの1番音色である。「EXB-PCM08は、高品位コンサート・グランドピアノ・ライブラリーです。16Mbyteの容量を最大限に使い、メゾフォルテとフォルティシモの強弱の異なるサウンドをステレオで収録しています」と取扱説明書に記載されている。

なんとか破綻なく録音できたようで、ほっとしている。この音はTRITON STUDIOの中にもあるのだが、でかく重いシンセなので、気軽に出してくることができない。ハードシンセの難点と言える。

今回の録音ではエラーに聞き耳を立てていたわけだが、スピーカーから出た音で何かが共振している音が気になり、それがどこで発生しているかがなかなかわからず、ヘッドホンで聴いてノイズがないことを確かめたりしていた。スピーカーセッティングがよくできていないというべきか。でもなぁ、完璧にはいかんよなぁ。

H2

 

« Apple Logic Pro Xを10.5に更新 | トップページ | Akai S6000で「Zoom Into Your Space」 »

Korg」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Apple Logic Pro Xを10.5に更新 | トップページ | Akai S6000で「Zoom Into Your Space」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ