2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« KORG KRONOSで「Appreciation」 | トップページ | Clavia Nord Stage EXを出してきて更新 »

2020/05/16

Genelec 1029Aで音楽を聴く(その2)

20200516a_genelec1029aoverkorgkronos

今日はどうもやる気がしない。眠くて昼寝もした。

机左側の作業場は、これまで支柱の右側にディスプレイがあったのだが、現在のDVIケーブルでも、もしかしたら支柱左側まで届くかもしれない、と考えて、支柱の右側にディスプレイを動かした。これによって、1029Aの右と干渉しなくなったので、高さは少し下げられた。ただ、近過ぎると老眼で見にくかったりするので、なかなか難しい。

MPC4000はちょっとどいてもらった。2階に何を置くかは、また気が向いた時に。

どこかで、「ツイーターが耳の高さに来るように」というノウハウを読んだ。それが本当によいのかどうかは知らないが、今回は、1029Aをマイクスタンドに付けており、ほぼ耳の高さになった。

パソコン→INTEGRA-7→FM-186→1029Aという経路で、音楽を聴いてみている。INTEGRA-7以降はアナログバランス接続。1029Aのディップスイッチは、確認したらフルOFFのフラットになっていた。

なんか耳慣れない音である。サブウーハーがなくて、下がすぱっとないからだろうか。もちろん、Pa1000のスピーカーとは比べられない高音質ではあるが。

INTEGRA-7は96kHz動作である。44.1kHzだとリサンプリングが入る。96kHzのデータの方が、少し音がよい気がする。

H2

« KORG KRONOSで「Appreciation」 | トップページ | Clavia Nord Stage EXを出してきて更新 »

Genelec」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG KRONOSで「Appreciation」 | トップページ | Clavia Nord Stage EXを出してきて更新 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ