2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« RME Audio「Digicheck NG」を入れてみた | トップページ | Yamaha MONTAGEを3.50.0に更新 »

2020/06/07

Roland SH-101 Software SynthsizerとINTEGRA-7で「タムを叩いてくれ」

20200607a_rolandsh101plugoutsyresochordh

久々にSH-101 Software Synthsizerの音を聞いてみようか、と弾いていて、やっぱりエフェクトのパラメーターが少ないなぁ、と思い、INTEGRA-7で発音させているので、INTEGRA-7のセンド&リターンのエフェクトをかけられるのではないかと考え、ディレイをセンターのみにしてかけたらなかなかよかったので、録音し、INTEGRA-7のSuper Naturalドラム「SN0001 Session Kit」を組み合わせた。

20200607b_integra7soundeditor

使ったのはパート10のドラムスと、一番下に出ている外部入力だけである。

INTEGRA-7の外部入力にエフェクトをかけると、そこからメトロノームを発音させることはできない。ディレイが強烈にかかったメトロノームで演奏なんてできない。チャンネル10にMIDIノートを送ってメトロノームとした。

SH-101を今回はソフトシンセのままで(プラグアウトせずに)使ったのだが、シーケンサー(DAW、Digial Audio Workstation)を止めるタイミングによってキーオフが消失して鍵盤が押しっぱなしになるようで、そのたびに、SH-101の画面で音色を呼び出し直した。面倒だった。古いDAWを使っているのが悪いのかもしれない。

音量を上げるのが難しく、Boost11というプラグインを使った。

20200607c_boost11

音がつぶれるが、致し方ない。

では音を。

Give Me Your Toms

ローランドのソフトシンセSH-101にINTEGRA-7のディレイをモノでかけて、ドラムスを追加した。MR-2000Sを回した状態で、マウスのホイールなどでSH-101のカットオフを上下させた。

高校生のころ、吹奏楽団で「Sing Sing Sing」を演奏した。私はホルンだった。1993年、Boston Popsが「Sing Sing Sing」を演奏していた。冒頭のタムのリズムだけで、昔がよみがえった。Boston Popsのその演奏について、私の友人のドラマーは、同じ曲を同じように予定調和で演奏することに対する違和感を覚えていたようであったが、私は、それを聞きに(観に)来る大勢の老人たちのことを思えば、予定調和であるべきだと思った。ジャズが、クラシックになったのだ。

今回、Nord Stage 3の鍵盤でINTEGRA-7のタムを叩きながら、そんなことを考えていた。

H2

 

« RME Audio「Digicheck NG」を入れてみた | トップページ | Yamaha MONTAGEを3.50.0に更新 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« RME Audio「Digicheck NG」を入れてみた | トップページ | Yamaha MONTAGEを3.50.0に更新 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ