2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« Clavia Nord Stage 3で「ランダムに変調される音符たち」 | トップページ | Clavia Nord Stage 3で「Cool Your Lusts」 »

2020/07/12

Clavia Nord Stage 3で「私が子供だったころに」

20200712a_wheiwasakidmemo

Nord Stage 3で、音色のイニシャライズをしてピアノを選び、内蔵されているピアノ音色を一つずつ弾いてみた。まあたくさん入っていること。グランドもすごいがアップライトもすごい。CPは1個しかないようだが、質はいいなぁ、と進み、ローズの最初の音「EP1 Deep Timbre Lrg」に着いた。

エフェクトをかけてみるか、と思い、Weather Reportの「Milky Way」みたいな音が作れないかなぁ、とワウをかけてコントロールペダルでレイトをモーフした。アンプシミュレーターで歪みを加えた。Milky Wayが弾けるわけではないので、何か作るか、ということで作ったのが上の譜面の曲だ。

譜面がほぼできたくらいで夕食の時間になった。用意して、食べて、戻ってきて、パソコンを起動し、シーケンサーを立ち上げ、フリーテンポで弾いた。

When I Was A Kid

Weather Reportのデビューアルバム「Weather Report」の最初に収録されていた曲「Milky Way」のザビヌルのエレピを想像して音を作り、独奏したもの。メトロノームなしで無修正。レコーダーMR-2000Sを録音状態にしてシーケンサーをスタートさせ、後で追加したフェイザーのレイトとアマウント、リバーブのドライ/ウェットをいじりながら録音した。

Weather Reportのデビューアルバム「Weather Report」のリリースは1971年である。私は幼稚園に通っていた。

Milky Wayを初めて聴いたのは、たぶん、高校の時に図書館に行ってジャズの全集の中にあったWeather Reportの抜粋版のレコードを聴いた時ではなかったかと思う。Weather Reportのレコードを買ったのは、たぶん、1988年に米国から日本へ帰る時だったろう。

昔だなぁ。

エクスプレッションペダルは音量調整に使うので、エクスプレッションペダルの端子が1個のシンセだと、ペダルワウは面倒でやらないと思う。Nord StageやヤマハのMONTAGEとかEX5とかは、ペダルの端子が2個あるので、その点は気に入っている。

Nord Stageでは、ワウをかけるとリングモジュレーターはかけられない。パネルBに用意するという手もなくはないが、ちょっと面倒である。MONTAGEだとインサーション2個とマスター2個を選べるが、それでもやはり足りないかも。インサーションを多く連結できるもの、というと、KRONOSとかM3とかTRITONとかになるだろうか。

ザビヌルのローズを真似するには、エクスプレッションペダル2個では不足だ。キーボードマガジンのライブセットアップの写真には、たくさんペダルが並んでいたっけなぁ。

H2

« Clavia Nord Stage 3で「ランダムに変調される音符たち」 | トップページ | Clavia Nord Stage 3で「Cool Your Lusts」 »

Clavia Nord」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Clavia Nord Stage 3で「ランダムに変調される音符たち」 | トップページ | Clavia Nord Stage 3で「Cool Your Lusts」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ