2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 机下のBehringer B3031Aに積み木のスタンド | トップページ | Genelec 1029Aをセンタースピーカーに »

2020/08/05

DSDマルチチャンネルをパソコンで聴く方法はあるのか?

20200805a_rolanduas10controlpanelplaying

ローランドUA-S10で2チャンネルステレオのDSFファイルを聴きながらこの記事を書いている。プレーヤーソフトはfoobar2000、スピーカーはGenelec 1031Aだ。

UA-S10はなかなか面白い。2チャンネルモードでは2.8MHzのDSDファイルをストレートに送れる。上の画面で「2.8MHz DSD」と表示しているから多分そうだろう。スピーカーから出る音は、いかにもDSDという感じで、PCMに変換したものと、一味違うように思う。

6チャンネルモードではサラウンド5.1チャンネルの再生ができる。ただ、6チャンネルモードではDSD再生ができない。マルチチャンネルのDSDファイルを再生する際には、foobar2000の側で「PCM」に切り替えなければならない。

20200805b_foobar2000toolssacdoutputmode

あちら立てればこちらが立たず、である。

マルチチャンネルでDSDを処理できるオーディオインタフェースがないかと考えてちょっと調べたが、あまりなさそうだ。コルグの「nu 1」は、4台同期させれば最大8チャンネルのDSD録音が可能であるという。たぶん再生もできるだろう。でも、リスニングに使えるかというと、やってみなければわからない。

もうちょい手軽なハードウエアが出てこないもんですかねぇ。

H2

« 机下のBehringer B3031Aに積み木のスタンド | トップページ | Genelec 1029Aをセンタースピーカーに »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

Korg」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 机下のBehringer B3031Aに積み木のスタンド | トップページ | Genelec 1029Aをセンタースピーカーに »

「シンセな日々」検索







ウェブページ