2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« KORG Collection Wavestationで「Do Not Hesitate」 | トップページ | Akai S6000で「外出はお控えください」 »

2020/08/16

「UWP (Universal Windows Platform) MIDI」の存在に気付く

メインとして使っているWindowsパソコンにコルグnanoKey2をつないで楽しかったので、もうちょい何かできないだろうか、と機材の接続を試していた。

ローランドSD-90はUSBではうまくつながらず。MIDIでつなごうかとUM-1EXを出してきたら、これがまた、ユニバーサルドライバーでしかつながらない。miditrixとSynEditの両方をつなごうとしてうまくいかず、MIDIインタフェースがマルチクライアントで動いていないのではないかと疑った。

あれこれやっていたが、MIDIインタフェースをマルチクライアントで動かすのは、以前より難しくなっているのではなかろうか。Windowsも徐々に更新されてるし。うーむ。

あれこれ試していて、久々に、Cakewalk by BandLabを入れてみようかという気持ちになった。

20200816a_cakewalkbybandlab202008

現在のCakewalkでは、MIDIの動作モードとして、「MME(Multimedia Extension)」と「UWP(Universal Windows Platform)」の二つから一つを選ぶ。

20200816b_cakewalkpreferencesmidirecplay

UWPならマルチクライアント動作がうまくいくかと思ったら、そうでもなかった。それでも、しばらくはUWPで使ってみようと思う。

UWP MIDIについては、Cakewalkのヘルプに少し情報がある(リンクはこちら)。Bluetooth MIDIが使えるというが、そんな機材は持っていない。

驚いたのは、nanoKey2がUWP対応でなかったことだ。机左側にあるNord Stage 3のUSB MIDIと、ローランドのUM-2GはUWPに対応しているようだ。UM-2Gに、机右側のBlofeld KeyboardのMIDI出力と、机左側にあるアカイS6000のMIDI入力をつないだ。これで、正面の画面を使いつつ、右側と左側の鍵盤に手を伸ばせる。Windows上のシーケンサーから、Nord Stage 3とS6000にデータを送れる。

ここまで来たら、Nord Stage 3の上のディスプレイにWindowsパソコンの画面を出したかったのだが、今日は手持ちのDVIケーブルの長さが2m弱で届かず、断念した。DVIケーブルは3mのものを注文した。うまく動いてくれるといいなぁ。

H2

« KORG Collection Wavestationで「Do Not Hesitate」 | トップページ | Akai S6000で「外出はお控えください」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG Collection Wavestationで「Do Not Hesitate」 | トップページ | Akai S6000で「外出はお控えください」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ