2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« Roland(Edirol)SD-90を出してきた | トップページ | Roland SC-88ST Proで「2オクターブのエレクトリックグランドのために」 »

2020/08/22

Roland SC-88ST Proを出してきた

20200822a_rolandsoundcanvassc88stpro

ローランドのSound Canvas SC-88ST Proを出してきた。Midi Timepiece AVの出力2個をSC-88ST Proの入力2個につなぎ、MTP AVの入力1個をSC-88ST Proの出力につないだ。SC-88ST Proの音声出力はSD-90につないだ。SC-88ST Proには音声のスルー機能があるので、S6000をそこに通すように配線した(試してはいないが)。

Roland SC-88ST Pro "Piano 1"

MR-2000Sを回して手弾きした。SC-88ST Proの音は、いい具合に音が大きく、弾いて気持ちがよい。アナログ出力しかないので、それを受ける側のゲインを上げておけば、十分な音量になる。もちろんその分ノイズは入るのだが、それを気にするべき音源ではないのだ、と思う。SD-90の販売がぱっとしなかった理由の一つは、Sound Canvasに比べて、音が小さかったことではないだろうか。デジタル出力を付けたのが間違いだったのかもしれない。

SD-90でなんとかしようと考えず、SC-88ST Proも使ってみよう。

H2

« Roland(Edirol)SD-90を出してきた | トップページ | Roland SC-88ST Proで「2オクターブのエレクトリックグランドのために」 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland(Edirol)SD-90を出してきた | トップページ | Roland SC-88ST Proで「2オクターブのエレクトリックグランドのために」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ