2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« Roland INTEGRA-7のモーショナルサラウンドで「オーボエを吹く少女」 | トップページ | SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 »

2020/08/28

Studio Electronics Boomstar SEMを購入

20200828a_studioelectronicsboomstarsem

Studio ElectronicsのBoomstar SEMを購入した。9万6800円+送料1150円。

シンセはなるべく買わないように、と思っているのだが、つい買ってしまった。

Studio ElectronicsのBoomstarは宝石箱のようなシンセである。音が美しい。きょう体がコンパクトだ。2VCOs、1Mixer、1VCF、1VCA、2Envs、1LFO、1Noise、1RingMod、1MIDI/CVが入っていると考えると、ユーロラック・モジュラーよりコンパクトで安価だ。ユーロラック・モジュラーはパッチの自由度が高いが、ケーブルが邪魔になってつまみやスイッチ類を操作しにくいし、接触不良の確率も上がる。Boomstarはパッチポイントが最小限なので単体ではあまりパッチングができないが、パネル上のスイッチでパッチをするシンセとしては、破格の自由度を持っていると思う。

ビンテージのアナログモノシンセは大きく重いので、出してくるのが容易ではないし、安心して使えるかというと、うーむ。

ARPフィルターの4075、moogフィルターの5089を買って、アナログモノシンセとしては、究極のものではないかと思うようになった。SEMが10万円を割っているのを見て、宝物として買った。

Boomstarは「MKII」になって、きょう体デザインが変更され、中身も改良されたらしい(リンクはこちら)。1399米ドルというのはけっこうな価格で、旧版とは言え、持っていないタイプが10万円未満で買えるのであれば、買うよなぁ、やっぱし。

万能選手的な5089、吹き飛ばすような音がする4075はいずれも魅力的であるが、強いて難を挙げるとすれば、音がきついことである。バリッ、ブリッ、バンッ、ビヨーン、といったバビブベボ調の音で、もう少しやさしいパピプペポ調の音ではない。ガンッ、ギラギラッといったガギグゲゴ調で、カキクケコ調ではない。5089と4075は24dB/Octであるが、Oberheimを模したSEMは12dB/Octなので、もう少しやさしい音が出るのではないかと想像した。

手元に届いて試したところ、確かに、5089と4075に比べ、SEMは細くやさしい音が出る。

音を2つ。

Boomstar SEM 1Saw Bass

鋸歯状波を1つ出し、普通にローパスフィルターを使って低音を弾いたもの。VCAのOVERDRIVEスイッチが、上は〇、下は縦棒が表示されており、どちらがオンなのか、よくわからない。マニュアルには上がオンと書いてあるのだが、下にすると音が大きくなって歪む。この音を作った時、どちらにしていたのか、今となってはわからなくなってしまった。最後でウニウニ言っているのはアフタータッチでカットオフが変わっているからである。

Boomstar SEM 1Saw Soft Lead

鋸歯状波を1つ出し、普通にローパスフィルターを使って高音を弾いたもの。Eventide Eclipseの「Chrustaps」を付加している。これも、VCAのOVERDRIVEがオンだったのか、オフだったのか、よくわからなくなってしまった。Boomstarにcc#1でビブラートをかけると、かかり過ぎるきらいがある。もうちょい控え目にすべきだったか。

Boomstar SEMには、ローパス~ノッチ~ハイパスを選ぶ連続つまみと、バンドパスモードに切り替えるトグルスイッチがある。それらを操作しつつFREQUENCYとRESONANCEを回すと、バリエーションの豊かさに驚かされる。日本のシンセの12dB/Octフィルターと風合いは違うが、がんばれば似た音を出せるかも、と思う。

H2

« Roland INTEGRA-7のモーショナルサラウンドで「オーボエを吹く少女」 | トップページ | SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 »

Studio Electronics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland INTEGRA-7のモーショナルサラウンドで「オーボエを吹く少女」 | トップページ | SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ