2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 | トップページ | KORG Collection M1で「憧れのスコットランド」 »

2020/08/28

Studio Electronics Boomstar SEMで「2階の星たち」

20200828c_studioelectronicsboomstarsemon

Boomstar SEMで1曲。

Stars Upstairs

Boomstar SEM独奏。BoomstarのVCO2はキーボードトラックをオフにして周波数を下げるとLFOとして使える。ENV1はトグルスイッチをLOOP側に倒すとLFOとして使える。ここでは、その2つでVCFのカットオフを変調している。ENV1はビートのタイミングを合わせることができるので細かいビートに、VCO2はゆっくりとしたうねりに使った。うねりは曲中では目立たないが、最後に残っているウオンウオンはそれによるものだ。フィルターは、NOTCHつまみを回してほどよい場所を探した。純粋なローパスではない。

最初は音に合わせてLogicのテンポ設定をしたのだが、ビートの周波数はENV1のATTACKつまみとDECAYつまみで決まるので、これが安定するということはなく、調整が面倒だった。バーニアダイヤル持ってこい!と言いたくなった。昔、minimoogにそれを付けた写真を見たことがあったような気がする。

H2

« SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 | トップページ | KORG Collection M1で「憧れのスコットランド」 »

Studio Electronics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SubtleSoft MidiPipeでアフタータッチをcc#1に変換 | トップページ | KORG Collection M1で「憧れのスコットランド」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ