2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« Roland Cloudにソフトシンセのキーが移された | トップページ | t.c. electronicのReverb 4000とFireworX用のシンクケーブルを作る »

2020/09/30

t.c. electronic「FireworX」を購入

1週間ぶりに自分の部屋に戻ってきた。「もぉーどってきたぜスタジオぉ~」と歌ってしまうほど嬉しい(節は「函館の女」)。八畳洋室に機材を積んだだけの部屋だが、私にとっては夢のスタジオだ。

20200930a_tcelectronicfireworx

不在中に、通販で購入したt.c. electronicのエフェクター「FireworX」が届いていた。1万6500円+送料1330円。

デジタル入出力があるエフェクターを見るとつい買ってしまう。先日、Lexicon PCM92がオークションで出ていて、これはかなり欲しかったのだが、競り負けた。その憂さ晴らしというわけでもないが、FireworXに手を出してしまった。

我が家には、マルチエフェクターというものがほとんどない。ヤマハFX500Bくらいである。ギター用、ベース用にはマルチエフェクターがけっこう製品化されており、それらを使うという手もある。t.c. electronicのG-Forceとかも、ちょっと欲しいなと思っていた。

そしてFireworXは、スタジオ用マルチエフェクター、という、他に見ない存在である。パネルには12個の「エフェクトブロックキー」がある。ダイナミック、フィルター、フォルマント、ディストーション、ボコーダー、シンセ、ピッチ、コーラス、ディレイ、リバーブ、パン、イコライザーだ。サブアルゴリズムもあるので、アルゴリズムの合計は35種である。それらを、プロセシングパワーが尽きるまで組み合わせて使用できる。

400のプリセットが用意されており、そのリストを見ると、何がなんだかわからなくなってくる。名前も1行説明も不思議なものが多く、音を通してみないとわからない感じである。

では、最初のプログラムを。

Waldorf Blofeld "Saw1" with t.c. electornic FireworX Preset 1 "Ulitimator"

ディストーション、ディレイ、コーラス、パンにフィードバックを加えたもの、なのであろうか。入れているのはノンエフェクトの鋸歯状波で、それがエフェクト一発で色気満載の音に変わるのはすごい。エフェクトが鳴っていると表現するとシンセ弾き的には一般的にはちょっと悪口なのだが、私の場合は、指が速く動くわけではないので、エフェクトもシンセサイズの一部と考えて積極的に使っていきたい。

FireworXのプリセットは、まだ数個を聴いただけだが、センドリターンというよりは、インサーションで使うことを考えたプログラムが多いように思う。

今回は、Fireface 800のアナログで送りデジタルで戻す配線をして、センドリターンでもインサーションでも使えるようにした。ヤマハMOTIF-RACK XSのS/PDIF出力も回していて、MOTIF-RACK XSを弾きたい時はFireworXを通す。これだとフルデジタルで録音できる。

シンセとエフェクターの組み合わせは、これからいろいろと試していきたい。

H2

« Roland Cloudにソフトシンセのキーが移された | トップページ | t.c. electronicのReverb 4000とFireworX用のシンクケーブルを作る »

tc electronic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland Cloudにソフトシンセのキーが移された | トップページ | t.c. electronicのReverb 4000とFireworX用のシンクケーブルを作る »

「シンセな日々」検索







ウェブページ