2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 | トップページ | Rhodes mk2にヤマハFX500Bを接続 »

2020/09/20

Roland SH-101 Plug-outなどで「作況まあまあ」

20200920a_tcelectronicdtwo

昨晩、t.c.electronicのディレイ「D-Two」を出してきた。Fireface 800からTRSアナログケーブルでセンドリターンさせた。Studio ElectronicsのBoomstar SEMを通したところあまり印象がよくなかった。丸い音がさらに丸くなって物足りないような感じである。

今日は、SH-101 Plug-out(ソフトシンセ)の音を通してみた。この方がしっくり来る。

So-so Yield

SH-101 Plug-outをソフトシンセとして使い、プリセット1の「A-3 LD Prog Lead1」を弾いた。t.c.electronicのD-Twoで「36 Marmite on the keys」をかけた。譜面を下に示す。

20200920b_sosoyieldmemo

プリセットをそのまま使っているわけではなく、SH-101の方ではディレイとリバーブを切った。D-Twoの側では、MIDI同期させてフィードバック量を減らし、クォンタイズをオンにし、SubDivを1/4Tにした(たぶん)。

途中から入ってくるパーカッションは、ローランドINTEGRA-7の「Session Kit」だ。タムを気に入っている。

7月は冷夏で8月は猛暑だった。米の作況が、全国で見れば、さほどひどくなくてよかった。

H2

« KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 | トップページ | Rhodes mk2にヤマハFX500Bを接続 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

tc electronic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 | トップページ | Rhodes mk2にヤマハFX500Bを接続 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ