2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« KORG Collection M1で「秋の訪れ」 | トップページ | Roland SH-101 Plug-outなどで「作況まあまあ」 »

2020/09/18

KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」

20200918c_satisfiedmemo

これも先日、MacBookを持って出かけていた間に作った曲。

Satisfied

KORG Collection M1にはたくさんのプリセット音がある。たまにはプログラムではなくコンビネーションを弾いてみようと思った。コンビネーション「K01 19 Harder Mode」は、KORG nanoKEY Studioの2オクターブ鍵盤で弾くと、下半分でスイープするベースを、上半分で方形波とエレピのレイヤー音を弾ける。3音のどれもがステレオになっていて、これは元のM1で弾くとポリ数が足りなくなるであろうけれど、KORG Collection M1なら問題ない。

上の譜面を弾いて録音し、これだけでもいいかと思った。でも、ドラマーがいたら楽しいかも、ということで、Apple LogicのDrummerという機能を試してみた。

20200918b_satisfied2

トラック1がM1のHarder Modeで、トラック2がDrummerだ。ドラマーは「Kyle - Pop Rock」、ドラムキットは「Socal Kit」、ビートプリセットは「Half-pipe」で、どこかをいじった、かもしれない。

ビートプリセットをだらーっと入れて、パターンだけでは終われないので、トラック3に「Socal Kit」を入れて、nanoKEY Studioの鍵盤で音を入れた。後半にカウベルも加えた。うまくないが、まあこれはこれで。ミックス時、ドラムスにLexicon PCM81の「P3 0.3 Brick Kit」を付加した。

人間のプレーヤーと組むとしたら、ドラマーもいいなぁ、と思う。曲を作って録音し「これに合わせて叩いとくれ」と依頼できれば楽しかろう。

H2

« KORG Collection M1で「秋の訪れ」 | トップページ | Roland SH-101 Plug-outなどで「作況まあまあ」 »

Korg」カテゴリの記事

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG Collection M1で「秋の訪れ」 | トップページ | Roland SH-101 Plug-outなどで「作況まあまあ」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ