2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« パソコンとシンセがあれば退屈しない | トップページ | KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 »

2020/09/18

KORG Collection M1で「秋の訪れ」

20200918a_fallapproachingmemo

先日、ノートパソコン等を持っていった先で作った曲。

Fall Approaching

KORG Collection M1のプログラム「U05 00 Aeroglide」の独奏。1989年末にKORG T2を買った時、この音色があったはずだが、当時の私はシンセの独奏をしようと言う気持ちはなかったため、この音色は注目されなかった。フュージョンバンド、ジャズコンボの影響を受けていた私にとって、この音色に使途があるとは考えなかったのだろう。

今回は、2つあるオシレーターのバランスを変えたり、エフェクトレベルを変えたりしている。また、Lexicon PCM81で「P0 1.7 Detuned Ekos」をかけている。そのため、KORG Collection M1を買っても、そのままの音は出ない。

nanoKEY Studioで独奏をしながら譜面を書いたため、音域は2オクターブに収まっている。制約があった方が作業がしやすい。あきらめるのが容易だからかもしれない。

自宅に戻ってミックスをしたのだが、けっこう歪みっぽくなってやり直した。PCM81への送りがアナログなのでそこで歪んだのかもしれないし、他の場所かもしれない。

H2

« パソコンとシンセがあれば退屈しない | トップページ | KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 »

Korg」カテゴリの記事

Lexicon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコンとシンセがあれば退屈しない | トップページ | KORG Collection M1とApple Logic Drummerで「満足」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ