2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« KORG wavestateの「シングルマルチサンプル」で基本音色を作る(m4aファイル5点) | トップページ | KORG wavestateで「何かあった?」 »

2020/10/13

KORG wavestateで初めてのウェーブ・シーケンス(m4aファイル2点)

20201013b_korgwavestatemykickandshaker1

コルグwavestateで、「Init Performance」を読み込み、それをベースにウェーブ・シーケンスを使ってみた。

KORG wavestate My "Kick&Shaker1"

「氏家克典が弾く!KORG wavestate」の動画を見て、最初に作ろうと思っていたのが「ドッチチドッチチ」である。何とそれが3ステップでできるというのだ。思い切りつまづいたのは、レーンの長さを長くするのはどうすればよいか、だった。「END」を増やそうとしても増えないのである。どうにもわからず、動画を見直したら、ステップをコピーしてペーストして伸ばしていた。やれやれ。

で、TIMINGレーンに8分音符、16分音符、16分音符という3ステップを入れ、SAMPLEレーンでキック、シェイカー、シェイカーという3ステップを入れると、「ドッチチドッチチ」ができあがる。

上の録音でそれが違うものに変容しているのは、SAMPLEレーンのLOOP STARTつまみとLOOP ENDつまみを回しているからである。ループエンドを中間にするとキックとシェイカーが交互に出てくるが、TIMINGレーンは影響を受けないので違うパターンになる。ループエンドを左に回し切るとキックのみで「ドッドド」と鳴る。ループスタートを右に回すとループがシェイカーだけになる。ただ、キーをトリガーし直すと、その時はキックから始まる。

ループのスタートとエンドを変えるだけでけっこう音が変わる、みたいなことをどこかで読んだ気がするが、確かに変わる。

KORG wavestate My "Scale1"

今度はTIMINGレーンとSAMPLEレーンは1ステップだけにして、PITCHレーンを8ステップにしてドレミファソラシドを入れた。押したキーに合わせて音階を奏でる。PITCHレーンのループスタートとループエンドをいじると、発音される音程が狭くなり、意図しない旋律を生み出す。

ふーむ。難しいぞい。

H2

« KORG wavestateの「シングルマルチサンプル」で基本音色を作る(m4aファイル5点) | トップページ | KORG wavestateで「何かあった?」 »

Korg」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG wavestateの「シングルマルチサンプル」で基本音色を作る(m4aファイル5点) | トップページ | KORG wavestateで「何かあった?」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ