2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Yamaha MONTAGEで「ピアノの前で」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「キャベツカッター」 »

2020/11/25

机左側にGenelec 1029Aを設置

20201125a_genelec1029acameatrightside

10月に購入したGenelec 1029A(購入記事はこちら)は押し入れに入っていたのだが、机左側のキーボードスタンドに出してきた。

シンセを弾く気になれない時というのは確かにあって、今日は布団を敷いて入ったりしていたのだが、朝にコーヒーを飲んでそれ以降も日本茶を飲み続けているので、昼寝するには至らなかった。シンセを弾く気になれない時というのは、現在のセッティングに飽きている時か、もしくは何らかの問題点があって、改善策を考えている時であったりする。

机左側はNord Stage 3からMONTAGEに切り替えて、しばらくMONTAGEでいこうと思ってはいるのだが、どうも音が気に入らなかった。LUXMAN L-430+ヤマハNS-M125という、オーディオ鑑賞用であってもあまりぱっとしない組み合わせで、耐えきれないほどではないが、何か違う気がしていた。どこかで歪が入る気がして、それが録音接続のどこかで入っているのか、もしくは再生側で入っているのかが判然とせず、気に入らないと思っていた。また、NS-M125で聞いた音と、録音時にGenelec 1031Aで聞く音に差がありすぎ、「うーむ」ということも何度かあった。そんなわけで、L-430とNS-M125とスピーカースタンドを片付けて、1029Aをマイクスタンドに付けて配線をした。

シンセを弾くと、いい音だなぁ、と思うのだが、今はパソコン→MONTAGEという流れで音楽を再生していて違和感もある。耳を慣らすのに少し時間がかかるかもしれない。

とりあえず、背面のDIPスイッチ1をオンにして、高域を抑えてみた。

H2

« Yamaha MONTAGEで「ピアノの前で」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「キャベツカッター」 »

Genelec」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Yamaha MONTAGEで「ピアノの前で」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「キャベツカッター」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ