2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Roland JP-8000で「機械であたためられた部屋」 | トップページ | Clavia Nord Rackで木管楽器の音などを作る(m4aファイル5点) »

2020/11/13

KORGから「NAUTILUS」「opsix」が登場

コルグは2020年11月9日に、KRONOSの後継機種「NAUTILUS」を発表した(Webページはこちら)。11月11日にはFMシンセサイザー「opsix」を発表した(Webページはこちら)。いやぁ、元気いいねぇ。

NAUTILUSの61鍵モデルの写真がこちら。

20201113d_korgnautilus61key

61鍵のほか、73鍵と88鍵がある。73鍵はKRONOSではピアノ鍵盤であったが、NOUTILUSはシンセ鍵盤だ。すべてのモデルにおいて「アフタータッチ非対応」である。私はこれは買わないと思う。

アナログ入出力はTRSバランスになった。今どきの仕様に更新されたと言ってよいだろう。USBでオーディオが通るが、ASIO対応であるかどうかはわからない。KRONOSはS/PDIFデジタル光出力を持っていたが、NAUTILUSでは廃された。個人的には残念だが、世の中の趨勢としては、まあ、使う人は少ないだろうなと思う。

操作パネルはすっきりし、余白がある。物を置けていいかもしれない。サイトにある音を聞くと、新しさがある。ただ、シュワシュワしてるという印象で、それが良いことなのかどうかはわからない。

KRONOSの最大の欠点は起動に時間がかかることだ。NAUTILUSがどうなのか、Webサイトでは言及がない。同じくらい遅いのかもしれない。

音はいいけど、でも、音のいいシンセなんて、いくらでもあるしなぁ。

opsixはこんな感じ。

20201113e_korgopsix

きょう体はwavestateの流用であろう。「オルタードFM音源」を搭載している。コルグもこのごろは、「FM」という言い方をするようになったんだなぁ。以前はVPM(Variable Phase Modulation)という呼び方にこだわっていたのになぁ。最大同時発音数は32。volca FMと同様に、DX7のシステムエクスクルーシブを受信できる。デュアルやスプリットの機能は持たない。潔いシングルティンバーであるようだ。

FM音源のシンセが出てくることは歓迎する。ただ、ヤマハのDX→SY→PLG100DX/150DX→FS1R→MONTAGEという流れで見た場合、音色のエディットのしやすさでいうとMONTAGEで完成していると思うので、この系列を好む人は、opsixにあまり魅力を感じないと思う。

ElectronのDigitoneはグルーブボックスに振っていて、これはこれで面白い機械である。ClaviaのシンセはFMができて、これも独自の味がある。Prophet 12もFMっぽかったなぁ。

opsixが狙うのは、これまでのFMシンセとは違う世界なのだろう。デモ音源を聞くと、きれいで素敵であるが、買うかというと、ちょっと考えてしまう。オーソドックスなFMの音を37鍵で弾くというのは、ちょっとひっかかるよなぁ。鍵盤なしのテーブルトップ版の方が使いやすいかも。

H2

« Roland JP-8000で「機械であたためられた部屋」 | トップページ | Clavia Nord Rackで木管楽器の音などを作る(m4aファイル5点) »

Korg」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JP-8000で「機械であたためられた部屋」 | トップページ | Clavia Nord Rackで木管楽器の音などを作る(m4aファイル5点) »

「シンセな日々」検索







ウェブページ