2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Roland JP-8000を購入 | トップページ | KORGから「NAUTILUS」「opsix」が登場 »

2020/11/13

Roland JP-8000で「機械であたためられた部屋」

20201113c_roomheatedwithmachinesmemo

ローランドJP-8000を弾いていて、1曲。

Room Heated With Machines

JP-8000のプリセットパフォーマンス「P:36 Spacescapes」の独奏。ただ、音色そのままではない。ロワーがふんわりとしたパッドで、アッパーがランダム4オクターブのアルペジオである。アルペジオの方はオクターブを変更している。アルペジエーターのホールドもオフにした。シーケンサーに録音して、アルペジエーターが発するノートがすべて記録されているのに驚いた。これではクォンタイズはかけられない。その理由でクォンタイズなしの手弾き無修正である。ただ、シーケンサーが発するメトロノーム音に合わせて弾いているので、テンポがひどく揺れていることはないと思う。レコーダーを回してシーケンスを再生し、アルペジオのレベルを手で調整して録音した。

フロアノイズが高いのは否めない。上の録音では最初と最後にフェードイン、アウトを1回かけているが、もっと回数かけた方がよかったかもしれない。

H2

« Roland JP-8000を購入 | トップページ | KORGから「NAUTILUS」「opsix」が登場 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland JP-8000を購入 | トップページ | KORGから「NAUTILUS」「opsix」が登場 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ