2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« KORG Collection M1のページを作成 | トップページ | Akai S6000で「陽射しが差し込む教室」 »

2020/11/19

Yamaha MONTAGEで「いつもより長い散歩」

20201119c_yamahamontage6

机左側のキーボードスタンドはこれまでClavia Nord Stage 3 HP76がメイン鍵盤であったのだが、昨晩思い立ってヤマハMONTAGE6にした。

Nord Stage 3 HP76のピアノ鍵盤は、ピアノを弾くにはよいが、シンセを弾くにはちょっと、と思う。また、鍵盤を力を込めて押し下げないとアフタータッチがかからない。MONTAGE6はシンセ鍵盤だし、容易にアフタータッチをかけられる。

MONTAGEにはアナログの外部信号入力端子があるので、それを使えば、もう1台置けるかも、という期待もある。

久々にMONTAGEを弾いたが、良い。ヤマハのシンセは、歪み系エフェクターの質が良く、ギター音を弾くのが楽しい。

と言いつつ、ピアノで1曲。

Walked Longer Than Usual

天気がよく暖かかったので、普段よりも長時間散歩をした。その際に頭の中に回っていたのがこのメロディだ。忘れないうちに、と帰ってすぐに譜面に書き留めて録音した。音色は「CFXConcertH」。MONTAGEの内蔵シーケンサーに録音し、MIDファイルをパソコンに転送してCakewalkでクォンタイズをかけたり、テンポチェンジを書き加えたりした。リバーブはEventide Eclipseの「Reverb 8」。ダンパーを離す際のノイズが異様に大きかったので、Sound Forgeでほとんど聞こえないくらいに抑えた。

譜面を以下に示す。

20201119d_walkedlongerthanusualmemo

MONTAGEの出力をバランスでEclipseに送る場合、どうもレベルが低いようである。MONTAGEの出力をプラス12dBに設定した。音色によっては歪むこともあり、注意しなければならない。今回の録音では、Sound Forgeで見る限り、フロアノイズは低かった。

H2

« KORG Collection M1のページを作成 | トップページ | Akai S6000で「陽射しが差し込む教室」 »

Yamaha」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KORG Collection M1のページを作成 | トップページ | Akai S6000で「陽射しが差し込む教室」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ