2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

« Roland SH-32のプリセットパッチ16音(m4aファイル16点) | トップページ | Roland JP-8000とSH-32で「JP-8000 Arrived」 »

2020/11/27

機材をやりくりしてアンバランスの長いケーブルをやめる

久々にWindowsパソコンで5.1chの再生を試みた。foovar2000とUA-S10の設定はまあ何とかなって音が出たのだが、サラウンドのBehringer B3031Aから「サー」というノイズが出ているのがどうにも気になり始めた。

そもそも、UA-S10はかろうじて6チャンネルの出力を持つのだが、その際はLINE OUT A、LINE OUT B、PHONESという3ペアの出力をすべて使わなければならない。PHONESはアンバランス出力である。そのアンバランス出力を、長いケーブルでサラウンドのB3031Aへ引っ張っており、その途中でノイズが入っている気がしてきた。

センターのGenelec 1029AとLFEのDynaudio BM14Sは距離が短いのでそちらをアンバランス接続にしようかと考えた。1029Aはできるが、BM14Sは入力端子がXLRなので、PHONESからそこへ接続するとなると、ケーブルを作らなければならない(おそらく)。それも面倒なので、他に何か方策がないか考えた。

で、やってみたのは、ダイレクトボックスとマイクプリアンプを使ってアンバランスケーブルを少しでも短くしよう、という試みである。

UA-S10のPHONES出力からTRS→TS×2のケーブル(インサーションケーブル)で出す。なるべく短いものを選んだが、1mくらいはある。

20201127b_rolanduas10outputs5_1ch

それをBehringerの「ULTRA-DI DI20」に入れる。

20201127c_behringerdi20

DI20からはバランスのマイクケーブルで出す。それをARTのマイクプリアンプ「DPSII」で受ける。

20201127d_artdps2

DPSIIの出力をB3031Aにつなぐ。ここもバランスだ。

最初はUA-S10コントロールパネルの音量調整をすべてマイナス30dBにしたが、それだとやはりサラウンドのB3031Aからのノイズが気になる。PHONES出力をマイナス10dBにして(20dB上げて)その分DPSIIでゲインを落としたら、ノイズがまあまあのレベルになった。

今、サラウンドソースのリスニングをしながらこの記事を書いている。これでうまくいくといいなぁ。

将来はFM-186を使ってサラウンド接続をすることも考えている。そうすればFM-186にOppo BDP-103を接続してディスクを楽に聴けるようになる。ただ、それをやるとなると、AVアンプVSA-919AHを今の一等地から動かす必要があるかもしれない。うーむ。

H2

« Roland SH-32のプリセットパッチ16音(m4aファイル16点) | トップページ | Roland JP-8000とSH-32で「JP-8000 Arrived」 »

Behringer」カテゴリの記事

Roland/BOSS」カテゴリの記事

Art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland SH-32のプリセットパッチ16音(m4aファイル16点) | トップページ | Roland JP-8000とSH-32で「JP-8000 Arrived」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ