2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Yamaha MONTAGEで「冬の花(ピアノ独奏)」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「彼女は掃除機をかけている」 »

2020/12/10

Clavia Nord Electro Rack 2を出してきた

20201210a_nordelectrorack2

机左側のヤマハMONTAGEの上には、これまでNord Rack初代を置いていたのだが、昨晩、Nord Electro Rack 2にした。

その理由は、MONTAGEのエレクトリックピアノの音が今一つな気がしていて、それをオーディションして作り直すか、それともゼロから作るか、などを考えていたのだが、だったらどういうエレピの音が欲しいんだ俺は、と考え、エレピの音源として一番好きなのはNord Electro Rack 2だったな、と考えたら、それを出してくればいいじゃないか、と思ったのだった。

Nord Electro Rack 2 Electric Piano

Nord Electroにはピアノ系のサンプルを6個インストールできる。以前使った時に、エレピ4種、アコースティックピアノ(Steinway)、エレクトリックグランドを入れた。エレピ4種は、1975年もの、1978年もの、1981年もの、1984年もの(詳しくはこちら)が提供されていて、その4つすべてを入れたのだった。その4種をPIANOセクションのTYPEボタンで切り替えられるようにしてあるのだが、残念なことに、どれがどれであったかを覚えていない。というわけで、今回録音したのが、4種あるうちの何であるのかはわからない。

転送ソフト「Nord Electro Tool」を動かせばわかるのではないかと考えた。しかし、現在メイン機としているWindowsマシンは64ビット(x64)で、Nord Electro用のUSBドライバーをインストールできない。

32ビット(x86)のWindowsの仮想マシンをHyper-Vにスタンバイさせているのだが、Hyper-VはUSBの接続にあまり融通が利かない。Mac上のParallelsに移してドライバーを入れた。

20201210b_clavianordelectrousbdriverv0_9

一応、「Clavia Nord Electro USB Driver v0.91」が入っているように見える。しかし、Nord Electro Toolはそれを認識してくれなかった。

20201210c_nordelectrotoolv3_nonordelectr

以前やった時も、一筋縄ではいかなかったような気がする。今回は、いったんあきらめることにした。姉のところに使われていないWindows XPのノートパソコンがあるはずだ。将来、それをもらってくることができたら、再挑戦するかもしれない。

そんなわけで、上のエレピの音は、4種あるうちのどれなのかわからない。申し訳ない。

上のエレピの音は、Nord Electroの内蔵エフェクトは一つもかけていない。MONTAGEにつないでいて、そちらで「VCM Compressor 376」をかけた。

なんというか、飾り気のない素晴らしい音である。フロアノイズの少なさにも驚かされる。これにエフェクトをかけると、どんどん変わる。それがすごく楽しい。やっぱり良い。

アコースティックピアノも録音してみた。

Nord Electro 2 AcGrand6

ここで「Steinway D, acoustic grand piano with close miking adopted from the Nord Stage sample library.」と説明されているものである、と思う。記憶が定かでないが。アンビエンスや雑音が少ない、すっぴんの音だ。演奏が下手なのはご勘弁。

上のグランドピアノは容量が9.5MB、エレピは2.4M~2.6MBである。MONTAGEのオプションで買えるグランドピアノは1音色で数百MBあるから、それと比較すると、2002年から2009年に製造されたNord Electro 2は、わずかな波形メモリーしか持っておらず、それに合わせて絞り込んだ音のデータが提供されていたと言える。

Nord Electro 2の音には、少ない線で描いたイラストのような、切れの良さがある。写真のリアルさではなく、画家の目に見える部分を抽出した絵のようだ。

現在のPCMシンセの音は、リアルにしようとして、雑音が増えたように思う。それはそれで確かにリアルなのだが、リアルなものを求めているのか、演奏する側がふと立ち止まって考えることも必要かもしれない。

アコースティックピアノに関しては、やはり大容量のメリットがあるように思う。しかし、エレピはそうでもないのではないか。手持ちのものでPCMのエレピが印象的な音源というと、1997年のコルグSG-Rack、1999年のヤマハPLG-150PF、2002年のカワイMP9500、2003年のヤマハMOTIF-RACK(初代)とMOTIF-RACK ESなどを挙げたくなる。また出してこようかなぁ。

H2

« Yamaha MONTAGEで「冬の花(ピアノ独奏)」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「彼女は掃除機をかけている」 »

Clavia Nord」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Yamaha MONTAGEで「冬の花(ピアノ独奏)」 | トップページ | Yamaha MONTAGEで「彼女は掃除機をかけている」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ