2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« Roland INTEGRA-7で「日射しに満ちた部屋」 | トップページ | Roland Zenbeats FreeとSYSTEM-8で「Zenbeatsがやってくる」 »

2020/12/18

E-mu Mo'Phatt ROMで「究極の朝」

20201218a_emuvintagekeysphatt

これまでTL Audioのコンプレッサーが入っていた1Uのスペースに何を入れようか考えた。JP-8000のノイズを抑える目的で入れていたので、JP-8000が引っ込んだため、使っていなかったのである。

出してきたのはE-mu Systemsの「Vintage Pro」だ。とは言っても、この機械にはVintage ProのROMは入っていない。別のProteus 2000(およびその互換製品)に行ってしまっている。この機械に入っているROMは「XL-1」「Mo'Phatt」「TSCY」「Beat」の4種である。Proteus 2000およびその互換機は4台あって、オーソドックス、オケ、ビート、その他に分類している。今回出してきたのはビート担当のものだ。

Ultimate Morning

Mo'Phatt ROMのプリセット001「bts:The Ultimate」独奏。独奏と言っても、使っている音色が一つだという意味で、右手左手で全体を弾けるわけではない。Logicにノート情報をちまちまと打ち込んで作成した。一つの音をかなり長く押さえているので、途中から再生するとちゃんと鳴らない。頭から再生するのを何度も繰り返す必要があった。

フルデジタル接続で、t.c.electronic Reverb 4000の「Large Hall」をかけた。すっきりした音だ。ビニールノイズは、私としては、初めて使ったと思う。

Proteus 2000のアナログ出力をMX-1に回しても面白いかもしれない。

Mo'Phattの情報がないかと探していて、Sound & Recording MagazineのMo'Phattレビューを見付けた。Sound On SoundのMo'Phattレビューもあった。現在Mo'Phattを探すのは難しいかもしれない。こちらでSoundFontを買うことはできるが、それが実機と同じように鳴るかというと、わからない。

H2

« Roland INTEGRA-7で「日射しに満ちた部屋」 | トップページ | Roland Zenbeats FreeとSYSTEM-8で「Zenbeatsがやってくる」 »

E-mu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland INTEGRA-7で「日射しに満ちた部屋」 | トップページ | Roland Zenbeats FreeとSYSTEM-8で「Zenbeatsがやってくる」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ