2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Analog Mania RC-808を試す | トップページ | Roland MC-707を購入 »

2021/01/21

Roland Cloud「JUPITER-8」をインストール

20210121d_rolandcloudjupiter8

Roland CloudのJUPITER-8がインストール可能になっていたのでインストールした。今回は、「Analog Funk Patch Collection」のプロモーションであろうと思う。

そのパッチリストはこんな感じ。

20210121e_rolandcloudjupiter8analogfunk

最初に入っている「24 Strawberries」はこんな感じ。KORG nanoKEY Studioで弾いているので、使っている音は2オクターブに収まっている。

24 Strawberries

ふにゃふにゃした揺れが気持ちよい。ただ、プチノイズが入ってしまった。バッファー設定を見直してやり直そうかと思ったが、面倒になってやめた。ご容赦いただきたい。かなり処理が重いもののようで、メニューにはボイス数を2、4、6、8のどれにするか、「Optimize for Lower CPU Usage」のオンオフといった設定がある。この録音はWindows機で行ったが、MacBookではもっとぶちぶち雑音がした。

画面に「PLUG-OUT」ボタンがあるので、できるのか試してみた。SYSTEM-1mにはできなかった。SYSTEM-8には、できることはできるのだが、標準で入っているJUPITER-8とバージョン表示(1.06)が同じで、プラグアウトする意味はないようである。

ただ、音色データの送受信はできるようで、SYSTEM-8のJUPITER-8のライブラリアンとしては使えそうだ。下の画面は、SYSTEM-8のJUPITER-8のファクトリー音色一覧である。

20210121f_rolandcloudjupiter8_system8jup

こちらからも一つ録音した。

1981 Hi Strings

後のシンセでこれに似た名前をよく見かける。JUPITER-8に倣っているのだろうか。

処理が追い付かないかも、と考えながら使うのは、楽しいことではない。SYSTEM-8のJUPITER-8の方が、安心して弾ける気がする。

SYSTEM-8の2倍を目指してSYSTEM-16を作ってほしいなぁ。同時発音数16音、鍵盤はFANTOMとJUPITER-Xのような61鍵アフタータッチ付き。2個のホイールも付けてほしい。それで、プラグアウトシンセを、もう少し増やしてくれれば言うことはない。あ、MX-1のAIRA LINKにも対応してほしいな。

H2

« Analog Mania RC-808を試す | トップページ | Roland MC-707を購入 »

Roland/BOSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Analog Mania RC-808を試す | トップページ | Roland MC-707を購入 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ