2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

« Roland CloudのSYSTEM-100とTR-808で「ヨーロッパに行く機会はなさそう」 | トップページ | Akai S6000で「持続高音」 »

2021/01/17

Realtek S1220Aのアナログ出力をGenelec 1031Aで聴く

20210117a_playpcmwinoutputtorealtekanalo

ふと思い立ってケーブルを段ボール箱の中から探し、Windowsパソコンのマザーボード(ASUSTeK PRIME Z390-A、サウンドチップはRealtek S1220A)背面のアナログ出力→パッシブのセレクター→Roland FM-186→Genelec 1031Aという結線をした。

パソコンから使えるオーディオ・インタフェースは複数あるのだが、常時電源を入れているのはRoland UA-S10だけで、それをASIOで使っていると、音声を再生できるソフトは1個だけに限られる。そのことに少し不便を感じていた。また、PlayPcmWinはUA-S10で使うのがあまり便利ではなく、PlayPcmWinを使うにはRealtekの方が良いのでは、とも思っていた。

鳴らしてみると、高域がシャリシャリして上品ではないが、十分に使える音である。昔のマザーボードのアナログ出力はフロアノイズのレベルが高かったが、ずいぶん良くなった。やればできるということか。

H2

« Roland CloudのSYSTEM-100とTR-808で「ヨーロッパに行く機会はなさそう」 | トップページ | Akai S6000で「持続高音」 »

Genelec」カテゴリの記事

Realtek Semiconductor」カテゴリの記事

ASUSTeK Computer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Roland CloudのSYSTEM-100とTR-808で「ヨーロッパに行く機会はなさそう」 | トップページ | Akai S6000で「持続高音」 »

「シンセな日々」検索







ウェブページ